電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-08 16:25
近傍波源推定に対するESPRIT法適用に関する基礎検討
古賀健一東海理化/名工大)・菊間信良平山 裕榊原久二男名工大)・河村大輔岩下明暁花木秀信水野善之東海理化
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 代表的な到来方向推定法であるESPRIT 法は,波源が十分遠方であり,到来波が平面波とみなせることを前提として成立している.したがって,近傍波源に対してESPRIT 法をそのまま適用することはできない.そこで本稿では,回転不変式が成立する仮想的なアレーへの変換を行う変換行列を用いることで,ESPRIT 法の適用を可能とする方法について提案した.シミュレーションでは,提案法の推定精度についてMUSIC 法との比較を行い,MUSIC法よりわずかに劣る程度の推定精度が得られることを明らかにした.また,提案法の中で使用される窓関数のエリアの大きさが,推定精度に影響を与えることを確認した. 
(英) ESPRIT, one of the major DOA (Direction Of Arrival) estimation algorithms, can be applied to a far-field source case where the incoming waves can be considered as plane waves. Therefore, ESPRIT cannot be applied to the near-field source case without a modification. In this paper, we propose a modified ESPRIT method, which uses a matrix transforming the real array into the virtual array that satisfies rotational invariance. It is confirmed via computer simulation that the estimation accuracy of our proposed method is slightly worse than that of MUSIC. In addition, it is shown the area size of the window function, which is used in the proposed method, affects the estimation accuracy.
キーワード (和) ESPRIT / 近傍波源 / 位置推定 / 仮想アレー / 変換行列 / / /  
(英) ESPRIT / near-field source / localization / virtual array / transform matrix / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 218, AP2009-118, pp. 91-96, 2009年10月.
資料番号 AP2009-118 
発行日 2009-10-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-10-08 - 2009-10-08 
開催地(和) 静岡大 
開催地(英) Shizuoka University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近傍波源推定に対するESPRIT法適用に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fundamental Study on Near Field Localization Using ESPRIT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ESPRIT / ESPRIT  
キーワード(2)(和/英) 近傍波源 / near-field source  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / localization  
キーワード(4)(和/英) 仮想アレー / virtual array  
キーワード(5)(和/英) 変換行列 / transform matrix  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 健一 / Ken-ichi Koga / コガ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 株式会社東海理化/名古屋工業大学 (略称: 東海理化/名工大)
Tokai Rika Co.,Ltd./Nagoya Institute of Technology (略称: Tokai Rika/Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 裕 / Hiroshi Hirayama / ヒラヤマ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 大輔 / Daisuke Kawamura / カワムラ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co.,Ltd. (略称: Tokai Rika)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩下 明暁 / Hiroaki Iwashita / イワシタ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co.,Ltd. (略称: Tokai Rika)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 花木 秀信 / Hidenobu Hanaki / ハナキ ヒデノブ
第7著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co.,Ltd. (略称: Tokai Rika)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 善之 / Yoshiyuki Mizuno / ミズノ ヨシユキ
第8著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co.,Ltd. (略称: Tokai Rika)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-08 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-118 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会