お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-07 10:50
盲人のための音響サインと歩行支援に関する考察
鎌田一雄箱守貴美子宇都宮大)・今井達二己日本信号SITE2009-34
抄録 (和) 視覚経験がない先天全盲者の歩行実験などから、誘導ブロック、音声案内などが、歩行者にとって必ずしも有効な支援とは限らないこともわかる.本稿は、公共的な場におけるトイレの音声案内(メッセージ)を対象として、設計で意図したメッセージ機能と歩行者が実際に活用できる役割との関係を検討し、有効な支援となるための課題を考える.設計者(晴眼者)が自然に構築している歩行支援の場における環境世界と、歩行者が実際に構築する環境世界とは異なる.この環境世界の違いから生じる、設計者と利用者との間のメッセージ解釈の不整合をなくすための基本的な課題群を、設計者の姿勢、盲人歩行に関する総合的支援などから考える. 
(英) Results for travel experiments with blind people show that usual guide signs such as guide blocks, auditory signs, and others, for assisting their travel are not always effective. In this report, we focus upon auditory messages for guiding toilet rooms at a railway station. We discuss certain issues of the functions for auditory messages together with other factors such as user characteristics, use situation, and spatial features. We use the concept of perceived world of individuals: A perceived world constructed by a blind traveller; and the other for a designer, or a sighted person. We point out that one of key issues for designing effective auditory messages is recognition of the user’s perceived world including the process of travel (O&M, orientation and mobility). In the report, we also show certain basic approaches to the design issues.
キーワード (和) 盲人 / 歩行支援 / 音響サイン / 空間認知 / / / /  
(英) Blind people / Navigation / Auditory signs / Spatial recognition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 217, SITE2009-34, pp. 11-16, 2009年10月.
資料番号 SITE2009-34 
発行日 2009-09-30 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2009-34

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2009-10-07 - 2009-10-07 
開催地(和) 独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 
開催地(英) IPA 
テーマ(和) アイデンティティ・マネージメントとネットワーク法 
テーマ(英) Identity Management and Network Law 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2009-10-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 盲人のための音響サインと歩行支援に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Functions of Auditory Signs for the Blind 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 盲人 / Blind people  
キーワード(2)(和/英) 歩行支援 / Navigation  
キーワード(3)(和/英) 音響サイン / Auditory signs  
キーワード(4)(和/英) 空間認知 / Spatial recognition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 一雄 / Kazuo Kamata / カマタ カズオ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 箱守 貴美子 / Kimiko Hakomori / ハコモリ キミコ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 達二己 / Tatsufumi Imai / イマイ タツフミ
第3著者 所属(和/英) 日本信号 (略称: 日本信号)
Nippon Signal (略称: Nippon Signal)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-07 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2009-34 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2009-09-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会