電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-25 13:00
60GHz帯CMOSフェーズドアレイ送信機
岸本修也折橋直行濱田康宏伊東正治丸橋建一NECエレソ技報アーカイブへのリンク:MW2009-81
抄録 (和) 60GHz帯フェーズドアレイ送信機を標準90nm CMOSプロセス技術を用いて開発し、1x6アレイアンテナへ接続してビームステアリングの実証を行った。送信機は位相同期発振器と6つのRF回路(直交変調器、高利得増幅器、送信増幅器)から構成され、各RF回路は6つの各アンテナへ接続される。直交変調器へ入力されるベースバンド信号の経路を切換えることで、RF信号の位相を90°ステップで制御できる位相制御回路を開発した。各RF回路の性能は、P1dBが0 dBm、変換利得が15 dB、3dB帯域が600 MHzであった。ローカル信号の1 MHz離れの位相雑音は-80 dBc / Hzであった。送信機をアンテナへ接続した送信モジュールにおいて、放射角が0°から60°までビームステアリング特性を観測した。送信機チップのサイズは5mm x 2.5mmであり、消費電力は電源電圧1.0 Vで960 mWであった。 
(英) A 60-GHz band phased array transmitter is developed based on standard 90-nm CMOS process and beam steering function is demonstrated using a transmitter module with a 1 x 6 array antenna. The transmitter includes a phase locked oscillator and 6 RF circuits which consist of an orthogonal modulator, a high gain amplifier, and a power amplifier. Each of RF circuits connects to each antenna directly. An RF signal phase is changed every 90-degree by switching paths of a baseband signal which are delivered to the orthogonal modulator. Each of the RF circuits typically exhibits a power of 0 dBm at 1-dB compression point, a conversion gain of 15 dB, and a 3-dB bandwidth of 600MHz. The phase noise is -80 dBc / Hz at 1MHz offset. The beam steering from 0 to 60 degree is observed. The chip size is 5 mm x 2.5 mm. The circuit consumes 960 mW at 1.0 V supply.
キーワード (和) 60GHz帯フェーズドアレイ送信機 / 90nm CMOS / ベースバンド信号経路切り換え / ビームステアリング / / / /  
(英) 60GHz-band phased array transmitter / 90nm CMOS / switching baseband singal paths / beam steering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 210, MW2009-81, pp. 43-48, 2009年9月.
資料番号 MW2009-81 
発行日 2009-09-18 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2009-09-25 - 2009-09-25 
開催地(和) 電通大 
開催地(英) Univ. of Electro-Communications 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2009-09-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 60GHz帯CMOSフェーズドアレイ送信機 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 60-GH-band CMOS Phased Array Transmitter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 60GHz帯フェーズドアレイ送信機 / 60GHz-band phased array transmitter  
キーワード(2)(和/英) 90nm CMOS / 90nm CMOS  
キーワード(3)(和/英) ベースバンド信号経路切り換え / switching baseband singal paths  
キーワード(4)(和/英) ビームステアリング / beam steering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸本 修也 / Shuya Kishimoto / キシモト シュウヤ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 折橋 直行 / Naoyuki Orihashi / オリハシ ナオユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱田 康宏 / Yasuhiro Hamada / ハマダ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 正治 / Masaharu Ito / イトウ マサハル
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸橋 建一 / Kenichi Maruhashi / マルハシ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-25 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2009-81 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2009-09-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会