お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-25 09:40
カンファレンスに対するセッションスケジューリングシステムの開発
畑 守之田岡智志渡邉敏正広島大LOIS2009-28 IE2009-69
抄録 (和) カンファレンスとは学術的な研究発表会や国際会議などの総称であり,実施までに多くのプロセスを経る.その際,数十件から数千件の投稿論文を扱うため,セッションの編成にも多くの労力と時間がかかる.セッション編成は,組合せ的な制約条件(同じ時間帯での著者・座長の重複の禁止等)を満たしつつ評価値を最適化する組合せ最適化問題の一種であり,NP-困難であることが知られている.
制約条件は大きく分けて,ハード制約とソフト制約に分類される.ハード制約とは必ず満たさなければならない条件であり,ソフト制約とは満たすならば不便・不都合を解消できる条件である.よって,ハード制約を完全に満たしたうえで,ソフト制約をなるべく多く満たすプログラム (発表時間割表) を求めることが目的となる.
本研究では,組合せ最適化問題に対する発見的解法として知られている近傍探索法(Local Search: LS と略す)に着目して,これを利用した解法を提案し,計算機実験によりその有用性を示す.加えてセッションスケジューリングに関するさまざまな問題解決を支援するための実装機能も説明する.本稿では提案スケジューリング支援システムの開発状況を報告する. 
(英) The term ``Conference'' means an academic meeting in general for
presentation and discussion on scientific research/education activities,possibly including refereeing procedures. There are many intermediate processing steps before the completion. Among them session scheduling takes much effort and long processing time, because several dozen to thousand papers may have to be handled. It is a combinatorial optimization problem for maximize or minimize a given objective function
under some constraints, such as avoiding assignments of chairpersons to the time slots for presentation of their papers. The problem is known to be NP-hard. Requirements are divided into hard ones and soft ones. All hard ones have to be satisfied, while it is desirable that as many soft ones as possible are met. Hence the objective is to obtain a conference timetable satisfying all hard requirements and as many soft ones as possible. In this research, we focus on the local search method (LS for short), well-known as heuristics for combinatorial optimization, propose a new algorithm based on the method, and evaluate its capability by means of results of computing experiment. Also explained are several functions implemented for supporting session scheduling. This paper reports current status of developing the proposed system.
キーワード (和) カンファレンス / 時間枠 / セッションスケジューリング / 発見的解法 / 支援システム / / /  
(英) Conferences / time slots / session scheduling / heuristics / supporting systems / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 205, LOIS2009-28, pp. 59-64, 2009年9月.
資料番号 LOIS2009-28 
発行日 2009-09-17 (LOIS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2009-28 IE2009-69

研究会情報
研究会 LOIS IE ITE-ME IEE-CMN  
開催期間 2009-09-24 - 2009-09-25 
開催地(和) 広島大学(東広島キャンパス) 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,マルチメディアシステム,マルチメディア通信,IP放送/映像伝送,一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Multimedia System, Multimedia Communication, IP Broadcast / Audio-Visual Transfer 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2009-09-LOIS-IE-ME-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カンファレンスに対するセッションスケジューリングシステムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Scheduling System for Conference Sessions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カンファレンス / Conferences  
キーワード(2)(和/英) 時間枠 / time slots  
キーワード(3)(和/英) セッションスケジューリング / session scheduling  
キーワード(4)(和/英) 発見的解法 / heuristics  
キーワード(5)(和/英) 支援システム / supporting systems  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 守之 / Moriyuki Hata / ハタ モリユキ
第1著者 所属(和/英) 広島大学大学院 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田岡 智志 / Satoshi Taoka / タオカ サトシ
第2著者 所属(和/英) 広島大学大学院 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 敏正 / Toshimasa Watanabe / ワタナベ トシマサ
第3著者 所属(和/英) 広島大学大学院 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-25 09:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2009-28,IEICE-IE2009-69 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.205(LOIS), no.206(IE) 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2009-09-17,IEICE-IE-2009-09-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会