お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-24 15:20
局所的標準フラクタル次元の確率分布とその応用
上條賢一東洋大)・山内明子伊豆海洋科学研CAS2009-33 NLP2009-69
抄録 (和) 時系列上の局所的フラクタル次元を、それに対応する標準偏差で除した局所的標準フラクタル次元LSFDを導入した。一様確率過程上及び規準正規確率過程上の移動LSFDの確率分布は、共に右にすそを引く非対称型正規分布を呈することが分かった。これは移動LFDの分布が共に左にすそを引くのと正反対であるが、各分布の両側5%点を利用すれば、統計的品質管理などに応用できる。また、地球環境を表す一つのインデックスである「海水温層間差時系列」を離散力学系軌道と考えれば、移動LSFDの確率分布はベキ分布に近い分布を呈することが分かった。地球環境モニタリングの時は、統計量としての移動LSFD が上側5%点を超える場合を異常と解釈すれば、何らかの相転移の前兆現象を事前に検出できる可能性がある。 
(英) The moving local standard fractal dimension (LSFD) on the uniform or standard normal random process belongs to a non-symmetric normal distribution, which has the long tail in the right side. These results can be applied to the statistical quality control, especially to the so-called control charts. Also it can be seen that the moving LSFD on the difference time series between altitudinal seawater temperatures, which can be interpreted as a discrete dynamical system with an index indicating the earth environments, may actually belong to a kind of power-law distribution. That is, the prediction of abnormal phenomena, e.g. warnings of phase transition etc., in the global monitoring system may be possible when moving LSFD as observed statistic is over the 5% upper significant level as well as the case in general quality control.
キーワード (和) 局所的標準フラクタル次元 / 統計的品質管理 / 乱数列 / ヒストグラム / 海水温層間差時系列 / / /  
(英) local standard fractal dimension / statistical quality control / random number series / histogram / difference time series between altitudinal seawater temperatures / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 200, NLP2009-69, pp. 53-58, 2009年9月.
資料番号 NLP2009-69 
発行日 2009-09-17 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2009-33 NLP2009-69

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-09-24 - 2009-09-25 
開催地(和) 広島大学東千田キャンパス 
開催地(英) Hiroshima Univ. Higashi Senda Campus 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-09-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所的標準フラクタル次元の確率分布とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Probability Distribution and Its Applications for Local Standard Fractal Dimension 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所的標準フラクタル次元 / local standard fractal dimension  
キーワード(2)(和/英) 統計的品質管理 / statistical quality control  
キーワード(3)(和/英) 乱数列 / random number series  
キーワード(4)(和/英) ヒストグラム / histogram  
キーワード(5)(和/英) 海水温層間差時系列 / difference time series between altitudinal seawater temperatures  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上條 賢一 / Kenichi Kamijo / カミジョウ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 明子 / Akiko Yamanouchi / ヤマノウチ アキコ
第2著者 所属(和/英) 伊豆海洋科学研究所 (略称: 伊豆海洋科学研)
Izu Oceanics Research Institute (略称: IORI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-24 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2009-33,IEICE-NLP2009-69 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.199(CAS), no.200(NLP) 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-09-17,IEICE-NLP-2009-09-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会