電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-17 13:50
FPGAアレイCubeを用いたレーベンシュタイン距離計算の性能評価
吉見真聡三木光範同志社大)・西川由理設樂明宏天野英晴慶大)・オスカー メンサーインペリアルカレッジロンドン
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究報告では,一次元接続型FPGAアレイCubeを用いて,文字列の編集距離を計算するアルゴリズムを実装し,性能評価を行った.性能はマイクロプロセッサのマルチスレッド実行に加え,高性能計算分野での普及が期待されるGPUおよびCell/B.E.での実装と比較した.また,パイプラインの使用率を評価することで,FPGAにおけるロジック資源と計算の効率について検討した. 
(英) This report evaluates results of computing edit distance algorithm on Cube, a computation system using multiple FPGAs connected in a form of one dimentional array. Performance was compared with Cell/B.E., NVIDIA's GeForce GTX280 and a general multi-core microprocessor. The report also analyzes pipeline utilization for running the algorithm on Cube, and discusses performance efficiency, logic consumption and power efficiency with comparison to other multi-core devices.
キーワード (和) Cube / FPGAアレイ / レーベンシュタイン距離 / GPU / Cell/B.E. / / /  
(英) Cube / FPGA array / Levenshtein Distance / GPU / Cell/B.E. / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 198, RECONF2009-21, pp. 13-18, 2009年9月.
資料番号 RECONF2009-21 
発行日 2009-09-10 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2009-09-17 - 2009-09-18 
開催地(和) 宇都宮大学 
開催地(英) Utsunomiya Univ. 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Reconfigurable Sysytems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2009-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAアレイCubeを用いたレーベンシュタイン距離計算の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Levenshtein-Distance Computation on One-Dimensional FPGA Array Cube 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cube / Cube  
キーワード(2)(和/英) FPGAアレイ / FPGA array  
キーワード(3)(和/英) レーベンシュタイン距離 / Levenshtein Distance  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) Cell/B.E. / Cell/B.E.  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉見 真聡 / Masato Yoshimi / ヨシミ マサト
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 光範 / Mitsunori Miki / ミキ ミツノリ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 由理 / Yuri Nishikawa / ニシカワ ユリ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 設樂 明宏 / Akihiro Shitara / シタラ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) オスカー メンサー / Oskar Mencer / オスカー メンサー
第6著者 所属(和/英) インペリアルカレッジロンドン (略称: インペリアルカレッジロンドン)
Imperial College of Science, Technology and Medicine (略称: Imperial College London)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-17 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2009-21 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.198 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2009-09-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会