電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-15 14:40
組込みシステム非正常系分析手法の定性推論による定式化
片峯恵一九工大)・新屋敷泰史三瀬敏朗パナソニック電工)・中谷多哉子筑波大)・鵜林尚靖橋本正明九工大KBSE2009-27
抄録 (和) 本稿では,組込みシステムの例外や障害などの非正常系を分析する手法を定式化する.近年,組込みソフトウェアは,大規模化,複雑化している一方で納期は短縮されている.この結果,障害の見落しなど品質問題が発生している.そこで,著者らは,非正常系分析手法として,情報の流れに着目した情報フロー・ダイアグラムと状態遷移に着目した分析マトリクスを統合したESIM(Enhanced Embedded Systems Improving Method)を提案している.この手法は,熟練技術者と非熟練技術者との作業分担を中心に分析手順を示しているが,各ダイアグラム間の相互関係は,明らかにされていない.そこで,非正常系の概念モデルと定性推論を用いて,この分析手法を定式化した.また,事例を用いて妥当性を確認した. 
(英) This paper proposes a formalization for an analysis method of extracting unexpected obstacles in order to improve the quality of embedded systems. Although embedded software has become increasingly large in scale and complexity, companies are requiring the software to be developed in shorter periods of time. This trend in the industry has resulted in the oversight of unexpected obstacles and consequently has affected the quality of embedded software. In order to prevent the oversight of unexpected obstacles, we have already proposed the ESIM(Enhanced Embedded Systems Improving Method) by combining an IFD (Information Flow Diagram) with an Analysis Matrix for requirements analysis. The analysis method proposes work distributions between expert and non-expert as a main purpose, and the interrelation of the IFD and the Analysis Matrix is not clarified yet. Therefore we propose a formalization for the analysis method by using a conceptual model and qualitative reasoning, and describe a case study.
キーワード (和) 組込みシステム / 定式化 / 定性推論 / 非正常系 / / / /  
(英) Embedded System / Formalization / Qualitative Reasoning / Unexpected Obstacles / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 196, KBSE2009-27, pp. 57-62, 2009年9月.
資料番号 KBSE2009-27 
発行日 2009-09-07 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2009-27

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2009-09-14 - 2009-09-15 
開催地(和) ハノイ工科大学(ベトナム国) 
開催地(英) Hanoi University of Technology, Hanoi, Vietnam 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2009-09-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 組込みシステム非正常系分析手法の定性推論による定式化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Formalization of Analysis Method of Unexpected Obstacles in Embedded Systems from the viewpoint of Qualitative Reasoning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組込みシステム / Embedded System  
キーワード(2)(和/英) 定式化 / Formalization  
キーワード(3)(和/英) 定性推論 / Qualitative Reasoning  
キーワード(4)(和/英) 非正常系 / Unexpected Obstacles  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片峯 恵一 / Keiichi Katamine / カタミネ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新屋敷 泰史 / Yasufumi Shinyashiki / シンヤシキ ヤスフミ
第2著者 所属(和/英) パナソニック電工株式会社 (略称: パナソニック電工)
Panasonic Electric Works Co., Ltd. (略称: Panasonic Electric Works Co., Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瀬 敏朗 / Toshiro Mise / ミセ トシロウ
第3著者 所属(和/英) パナソニック電工株式会社 (略称: パナソニック電工)
Panasonic Electric Works Co., Ltd. (略称: Panasonic Electric Works Co., Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 多哉子 / Takako Nakatani / ナカタニ タカコ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜林 尚靖 / Naoyasu Ubayashi / ウバヤシ ナオヤス
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 正明 / Masaaki Hashimoto / ハシモト マサアキ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-15 14:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2009-27 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.196 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2009-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会