電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-14 11:20
重要文抽出によるテキストの自動要約 ~ 人間による重要文か否かの判断のゆらぎに関する実験と分析 ~
山本詩織上之薗和宏中村圭吾白川清美榎津秀次古宮誠一芝浦工大KBSE2009-19
抄録 (和) 著者らは,桃太郎などの昔物語に関して,重要文抽出を用いたテキストの自動要約を目指す.そのため,明石ら[1]は,Van Dijkらのモデルを用いて,人間がテキストを理解する過程のモデル化を試みた[1].しかしながら,その試みの中で,同一物語の同一文章に対して,その文を重要だと考える人とそうではないと考える人がいる場合が少なくなかった.それゆえ, 著者らは,判断のゆらぎの原因とその理由を探るための実験をした.この論文は,著者らの実験方法とその結果を報告している. 
(英) The authors aim at realizing automatic summarization of tales of old Japan such as Momotaro, Kachikachiyama, etc. from the viewpoint of important sentences. Akashi et al [1] tried to create a model of the process, which human understood
the text of above-mentioned tales, on the basis of the Van Dijk's model[3]. In the text summarization process, however, they detected the following fact: Some persons insisted that this sentence should be deleted for summarization, but other persons that the same sentence should be not deleted. This case was not so rare instance. Therefore, the authors carried out an experiment to investigate where does the above-mentioned case come from. This paper describes an experimental methodology and a result of the experiment.
キーワード (和) 自動要約 / 重要文抽出 / イベントインデキシングモデル / 連続性の途切れ / 数量化?類 / 判断のゆらぎ / /  
(英) Automatic Summarization / Extracting Important Sentences / Event Indexing Model / Breaking of Continuity / Quantification Method of the Second Type / Fluctuation of Deciding / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 196, KBSE2009-19, pp. 13-18, 2009年9月.
資料番号 KBSE2009-19 
発行日 2009-09-07 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2009-19

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2009-09-14 - 2009-09-15 
開催地(和) ハノイ工科大学(ベトナム国) 
開催地(英) Hanoi University of Technology, Hanoi, Vietnam 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2009-09-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重要文抽出によるテキストの自動要約 
サブタイトル(和) 人間による重要文か否かの判断のゆらぎに関する実験と分析 
タイトル(英) Automatic Summarization Based on Extracting Important Sentences 
サブタイトル(英) An Experiment and Analysis on Fluctuation of Deciding Whether or Not this Sentence Is Important 
キーワード(1)(和/英) 自動要約 / Automatic Summarization  
キーワード(2)(和/英) 重要文抽出 / Extracting Important Sentences  
キーワード(3)(和/英) イベントインデキシングモデル / Event Indexing Model  
キーワード(4)(和/英) 連続性の途切れ / Breaking of Continuity  
キーワード(5)(和/英) 数量化?類 / Quantification Method of the Second Type  
キーワード(6)(和/英) 判断のゆらぎ / Fluctuation of Deciding  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 詩織 / Shiori Yamamoto / ヤマモト シオリ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学大学院 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上之薗 和宏 / Kazuhiro Uenosono / ウエノソノ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学大学院 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 圭吾 / Keigo Nakamura / ナカムラ ケイゴ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学大学院 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白川 清美 / Kiyomi Shirakawa / シラカワ キヨミ
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学大学院 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎津 秀次 / Hideji Enokizu / エノキヅ ヒデジ
第5著者 所属(和/英) 芝浦工業大学大学院 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 古宮 誠一 / Seiichi Komiya / コミヤ セイイチ
第6著者 所属(和/英) 芝浦工業大学大学院 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-14 11:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2009-19 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.196 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2009-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会