電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-14 10:40
KT法を用いた出荷判定支援システムの提案
八重樫理人高木智彦古川善吾香川大)・古宮誠一芝浦工大KBSE2009-18
抄録 (和) 出荷判定は数値化可能な定量的な評価と,数値化できない傾向や技量のような定性的な評価を総合的に判断し実施される.Jasst(ソフトウェアテストシンポジウム)では安心・安全な製品を出荷すべく「寸劇から学ぶ出荷判定」と題し出荷判定会議を実演し出荷判定のノウハウを抽出しようというような試みがなされているが,未だ明確な出荷判定の体系は確立されていない.本研究では出荷判定は開発担当,品質保証,保守,営業などの複数の担当者の意思決定であるととらえ,グループの意思決定法を出荷判定に応用し,出荷判定を支援するシステムの実現を目指す.
本稿ではKepner-Tregoe法の意思決定法である決定分析 DA(Decision Analysis)を用いた,出荷判定支援システムの仕組みについて述べる. 
(英) We totally decide the release with the quantitive evaluation and qualitative evaluation.
In order to deliver safe products, Jasst (Software Test Symposium) holds a meeting
named "release decision learned from a skit", and tries to get the know-how for the release decision.
However, Jasst has not established a certain system for release decision.
On this paper, the authors regard the release decision as the decision making by many staffs
who are in charge of the development, quality warranty, maintenance and sales.
The authors apply this decision making to the release decision,
and aim to realize the system which supports the release decision.
This paper also describes the structure of release decision support system
by using DA (Decision Analysis) which is one of the decision making methods of Kepner-Tregoe Program.
キーワード (和) 出荷判定 / ソフトウェアテスト / 意思決定法 / Kepner-Tregoe法 / / / /  
(英) Release Decision / Software Test / Decision Making Methods / Kepner-Tregoe Program / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 196, KBSE2009-18, pp. 7-12, 2009年9月.
資料番号 KBSE2009-18 
発行日 2009-09-07 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2009-18

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2009-09-14 - 2009-09-15 
開催地(和) ハノイ工科大学(ベトナム国) 
開催地(英) Hanoi University of Technology, Hanoi, Vietnam 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2009-09-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KT法を用いた出荷判定支援システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Proposal of the Release Decision Support System with Kepner-Tregoe Program 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 出荷判定 / Release Decision  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェアテスト / Software Test  
キーワード(3)(和/英) 意思決定法 / Decision Making Methods  
キーワード(4)(和/英) Kepner-Tregoe法 / Kepner-Tregoe Program  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八重樫 理人 / Rihito Yaegashi / ヤエガシ リヒト
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 智彦 / Tomohiko Takagi / タカギ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 善吾 / Zengo Furukawa / フルカワ ゼンゴ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古宮 誠一 / Seiichi Komiya /
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-14 10:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2009-18 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.196 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2009-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会