電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-09 15:15
[招待講演]欧州道路課金サービスの最新動向 ~ 実用化に向け進行する欧州指令と標準化 ~
早川祥史野口直志三菱重工)・工藤安人工藤コンサルティング
抄録 (和) 欧州では1980年後半からDSRCを利用した料金収受システムの導入が始まっている。欧州では1992年からCENのTC278WG1で料金収受の標準化が行われ、欧州の料金収受システムの標準規格を制定してきたが、実際には各国の道路事業者が独自の料金収受システムを導入した結果、互換性のない複数のシステムが存在している。この結果、欧州域内を移動する自動車には通過する国毎の車載器が搭載され、ユーザにとっては電池の交換や故障などの保守が煩雑となり利便性が損なわれている上に、支払いに関しても複数の事業者との契約が存在している。
このような状況から、欧州委員会は2004年に欧州で統一の電子的道路課金サービスを実現するシステムへ移行する旨の指令(DIRECTIVE 2004/52/EC)を発行している。この指令によると欧州内で道路の料金収受するシステムを導入する際には、この欧州の電子的道路課金サービスを実現するシステムを導入することが義務付けられる。これを受け、各国政府と道路事業者および製造メーカは、新たな統一の道路課金サービスを開始するための法整備、標準化作業、プロジェクトによる実証実験などに取り組んできた。これら成果が欧州委員会に報告され、統一の電子的課金サービスの決定が正式に承認されようとしている。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 道路課金 / 対距離課金 / / / / / /  
(英) ETC / EFC / EETS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 187, ITS2009-16, pp. 29-34, 2009年9月.
資料番号 ITS2009-16 
発行日 2009-09-02 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IPSJ-ITS IEE-ITS  
開催期間 2009-09-09 - 2009-09-09 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 交通における計測、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2009-09-ITS-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 欧州道路課金サービスの最新動向 
サブタイトル(和) 実用化に向け進行する欧州指令と標準化 
タイトル(英) Trend report of European Electronic Toll Service 
サブタイトル(英) Progress of EU Directive and Standadization 
キーワード(1)(和/英) 道路課金 / ETC  
キーワード(2)(和/英) 対距離課金 / EFC  
キーワード(3)(和/英) / EETS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 祥史 / Yoshifumi Hayakawa / ハヤカワ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 三菱重工業株式会社 ITS事業ユニット (略称: 三菱重工)
MITSUBUSHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. (略称: MITSUBUSHI HEAVY IND, LTD.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 直志 / Naoshi Noguchi / ノグチ ナオシ
第2著者 所属(和/英) 三菱重工業株式会社 ITS事業ユニット (略称: 三菱重工)
MITSUBUSHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. (略称: MITSUBUSHI HEAVY IND, LTD.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 安人 / Yasuto Kudoh / クドウ ヤスト
第3著者 所属(和/英) (株)工藤コンサルティング (略称: 工藤コンサルティング)
Kudoh Consulting (略称: Kudoh Consulting)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-09 15:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2009-16 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2009-09-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会