電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-07 09:55
変換テーブルを活用した冗長な農薬使用基準データのデータベース化手法
新田 仁竹田裕紀阪府産技研DE2009-12
抄録 (和) 農作物の栽培で農薬を使用するには,農薬取締法の基準を守らなければならない.しかし,この基準に記載される表現は,各農薬メーカーが適宜作成したものであり,整合性がなく,また,正規化されていない.このため,例えば,「果樹,野菜等の薬液のつきやすい作物」や「散布は3回以内,配置の総使用回数は定められていない」などの冗長な表現が多用されデータベース化を困難にしている.本論文では,データベース内に変換テーブルを作成することによって,この問題を解決する手法について紹介する.この手法を用いることで,システムの利用者は複雑な使用基準を意識することなく,法律を遵守した農薬使用が可能になる. 
(英) Everyone must follow Agricultural Chemicals Regulation Law in using pesticide. However it is extremely difficult to compile a database of the pesticide standard data defined by this law because the data lacks consistency and normality. We solved this problem by using a conversion table. This table makes it possible to compile a database of the redundantly-represented pesticide standard data by making the connection between original data and consistent data. This technique enabled that a system user safely uses pesticides without being conscious of the complex pesticide standard data.
キーワード (和) 農業 / 農薬 / 変換 / 判定 / / / /  
(英) Agriculture / Pesticide / Conversion / Judgment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 186, DE2009-12, pp. 7-12, 2009年9月.
資料番号 DE2009-12 
発行日 2009-08-31 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DE2009-12

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2009-09-07 - 2009-09-07 
開催地(和) 産総研臨海副都心センター 別館11F 会議室1 
開催地(英) AIST Tokyo Waterfront 
テーマ(和) e-ScienceおよびData Intensive Science 
テーマ(英) e-Science and Data Intensive Science 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2009-09-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変換テーブルを活用した冗長な農薬使用基準データのデータベース化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method of compiling a database of the redundantly-represented pesticide standard with a conversion table 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 農業 / Agriculture  
キーワード(2)(和/英) 農薬 / Pesticide  
キーワード(3)(和/英) 変換 / Conversion  
キーワード(4)(和/英) 判定 / Judgment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 仁 / Hitoshi Nitta / ニッタ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立産業技術総合研究所 (略称: 阪府産技研)
Technology Research Institute of Osaka Prefecture (略称: TRI-Osaka)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 裕紀 / Hiroki Takeda / タケダ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立産業技術総合研究所 (略称: 阪府産技研)
Technology Research Institute of Osaka Prefecture (略称: TRI-Osaka)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-07 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2009-12 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.186 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2009-08-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会