電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-04 14:50
マイクロギャップ放電に伴う放射電磁波強度とそのバラつきに関する一考察
川又 憲八戸工大)・嶺岸茂樹東北学院大)・藤原 修名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 静電気放電(ESD)あるいは電気接点放電などのうち,おおよそ1000V以下の比較的に低い電圧によって生じるマイクロギャップ放電に着目し,放電に伴って外部へ放射する電磁界強度特性について測定を行った.その結果,約800V以下における放電の放射電磁波強度は、放電電圧に反比例して低い放電電圧になるほど上昇する傾向を確認した。またこれらの放射電磁波強度ならびに放電電圧は、比較的に長いギャップ間隔による放電でバラつきが大きく、短いギャップ間隔での放電になるに従いバラつきが小さくなる傾向を確認した。さらに、バラつきの主要因として放電電極部の表面状態が大きく関係していることを確認した。 
(英) The breakdown field strength and radiated electromagnetic field intensity due to micro gap discharge were examined in experimental study. As a consequence, the radiated electromagnetic field intensity has inverse proportion to discharge voltage below about 800V breakdown. And so, the relationship between radiated electromagnetic field intensity and discharge voltage has indefinite dispersion in the wide gap discharge of about over 0.04mm gap length. It was confirmed that one of cause of the dispersion is an effect of surface condition in the discharge electrode.
キーワード (和) 絶縁破壊電界 / 放射電磁界強度 / ESD / マイクロギャップ放電 / / / /  
(英) Breakdown field strength / Radiated electromagnetic field intensity / ESD / Micro gap discharge / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-100, pp. 121-124, 2009年9月.
資料番号 AP2009-100 
発行日 2009-08-27 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-09-03 - 2009-09-04 
開催地(和) 八戸工大 
開催地(英) Hachinohe Inst. of Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-09-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロギャップ放電に伴う放射電磁波強度とそのバラつきに関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study of Radiated Electromagnetic Field Intensity due to Micro Gap Discharge 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 絶縁破壊電界 / Breakdown field strength  
キーワード(2)(和/英) 放射電磁界強度 / Radiated electromagnetic field intensity  
キーワード(3)(和/英) ESD / ESD  
キーワード(4)(和/英) マイクロギャップ放電 / Micro gap discharge  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川又 憲 / Ken Kawamata / カワマタ ケン
第1著者 所属(和/英) 八戸工業大学 (略称: 八戸工大)
Hachinohe Institute of Technology (略称: Hachinohe Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶺岸 茂樹 / Shigeki Minegishi / ミネギシ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara / フジワラ オサム
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-04 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-100 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.121-124 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2009-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会