電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-04 13:25
金属板装荷キャパシタンスグリッドによるPMC基板の薄型化
牧野 滋別段信一廣田哲夫野口啓介水澤丕雄金沢工大)・西野 有三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,金属への装着が可能なアンテナへの適応を目的として,PMC特性を有するメタマテリアルが注目されている.これまで,板状誘電体の片面に金属板,もう一方の面に金属よりなる素子を周期的に配置し,この素子を金属ビアによって裏側の金属板と接地した,いわゆるマッシュルーム型EBGについて多くの研究なされている.本論文では,表裏の金属間を接地する必要のない安価なPMCの実現が可能な金属板装荷FSRにおいて,その反射位相特性を表わす簡易式を導出するとともに,これよりPMC特性を実現するための条件式を導出し,その妥当性を実験と解析とによって示す.また,これより導かれるPMCの薄型化の条件を満足する金属板装荷キャパシタンスグリッドを提案し,解析例により実証する. 
(英) Recently several types of thin antennas applicable to metal attachable RF systems such as FRID card are studied. A method to reduce the thickness of the antenna is to apply the metamaterials with PMC (Perfect Magnetic Conductor) characteristics as the base plate.
In this paper, reflection phase characteristics of FSR (Frequency Selective Reflector) with metal plate will be discussed and a simple equation which represents the PMC condition will be introduced. Further thin metamaterials with PMC characteristics using capacitance grid with metal plate will be proposed.
キーワード (和) キャパシタンスグリッド / メタマテリアル / FSR / PMC / / / /  
(英) FSR / PMC / Metamatelials / capacitance grid / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-97, pp. 103-107, 2009年9月.
資料番号 AP2009-97 
発行日 2009-08-27 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-09-03 - 2009-09-04 
開催地(和) 八戸工大 
開催地(英) Hachinohe Inst. of Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-09-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 金属板装荷キャパシタンスグリッドによるPMC基板の薄型化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Thin Metamaterials with PMC Characteristics using Capacitance Grid with Metal Plate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) キャパシタンスグリッド / FSR  
キーワード(2)(和/英) メタマテリアル / PMC  
キーワード(3)(和/英) FSR / Metamatelials  
キーワード(4)(和/英) PMC / capacitance grid  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 滋 / Shigeru Makino / マキノ シゲル
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 別段 信一 / Shin-ichi Betsudan / ベツダン シンイチ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 哲夫 / Tetsuo Hirota / ヒロタ テツオ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 啓介 / Keisuke Noguchi / ノグチ ケイスケ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水澤 丕雄 / Motoo Mizusawa / ミズサワ モトオ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 有 / Tamotsu Nishino / ニシノ タモツ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-04 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-97 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.103-107 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2009-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会