電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-04 13:50
コニカル状指向性を有するEBG付きダイポールアンテナの一検討
長谷川翔平安住壮紀青学大)・須田 保日本無線)・橋本 修青学大)・風間保裕JAXA
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,コニカル状指向性を有する衛星通信用反射板付きダイポールアンテナの低姿勢化を実現するため,反射板としてEBGを用いた場合の放射特性および反射特性に関して検討を行う.まず,12.5GHzでEBGを設計,解析し,所望の周波数においてPMCとなることを確認する.次に,PECおよびEBGを反射板として用いたダイポールアンテナの放射特性および反射特性に関して検討を行う.最後に,2素子アレーアンテナを構成し,相互結合に関して比較検討する. 
(英) In this study, to achive low profile dipole antenna having conical radiation pattern for satellite communications, we investigate the dipole antenna with EBG as a reflector. Firstly, the EBG structure is designed and simulated at 12.5GHz. Next, radiation patterns of the dipole antenna arranged above the PEC and EBG are investigated and compared. Finally, mutual coupling effect of 2-element array antenna, which is with the PEC/EBG as a reflector is examined.
キーワード (和) EBG / ダイポールアンテナ / コニカル状指向性 / 相互結合 / / / /  
(英) EBG / Dipole antenna / Conical radiation pattern / Mutual couping effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-98, pp. 109-113, 2009年9月.
資料番号 AP2009-98 
発行日 2009-08-27 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-09-03 - 2009-09-04 
開催地(和) 八戸工大 
開催地(英) Hachinohe Inst. of Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-09-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コニカル状指向性を有するEBG付きダイポールアンテナの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Dipole Antenna Having Conical Radiation Pattern with EBG Reflector 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EBG / EBG  
キーワード(2)(和/英) ダイポールアンテナ / Dipole antenna  
キーワード(3)(和/英) コニカル状指向性 / Conical radiation pattern  
キーワード(4)(和/英) 相互結合 / Mutual couping effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 翔平 / Shohei Hasegawa / ハセガワ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安住 壮紀 / Takenori Yasuzumi / ヤスズミ タケノリ
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須田 保 / Tamotsu Suda / スダ タモツ
第3著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan RadioCo. Ltd., (略称: Japan RadioCo. Ltd.,)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 修 / Osamu Hashimoto / ハシモト オサム
第4著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 風間 保裕 / Yasuhiro Kazama / カザマ ヤスヒロ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
The Institute of Space and Astronautical Science (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-04 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-98 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.109-113 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2009-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会