電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-04 09:25
周期的フラクタル構造における電磁波共振・反共振特性の解析
園田 潤海野啓明仙台電波高専)・佐藤源之東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,これまでフラクタルの一種であるカントール媒質における電磁波の伝搬・共振特性を解析し,ステージ数が高くなるほど共振ピーク値とQ値が指数関数的に大きくなることを明らかにしている.本研究では,カントール媒質における電磁波の透過・共振のピーク値とQ値の制御を目的に,カントール媒質を周期的に配列した周期カントール媒質を提案し,周期カントール媒質中の電磁波の共振・反共振特性を解析する.本稿では,伝送線理論により解析的に構造中の共振を求めるとともに,FDTD法により周期数による共振・反共振特性を明らかにする.周期カントール媒質中の共振は,周期数増による伝達関数のピーク値増大は小さいが,Q値の増加が急峻であること,一方,反共振は伝達関数のピーク値減小は急峻であるが,Q値の増加が小さいことを明らかにする. 
(英) We have studied characteristics of transmission and resonance of electromagnetic wave (EM) outside and inside the Cantor media which is one of a fractal structure. We have found that peak value and Q value of resonance increase with increasing stage number of the Cantor media. In this study, We have proposed a periodic fractal structure, which is periodical set with a fractal structure, to control peak value and Q value. We have analytically obtained characteristics of resonance in the Cantor media using the transmission line theory, and have analyzed characteristics of resonance and anti-resonance of EM wave in the periodical Cantor media using the FDTD method. As a result, with increasing periodic number, increasing ratio of peak value and Q value on resonance is small and large, respectively. On the other hand, decreasing ratio of peak value and increasing ratio of Q value on anti-resonance is large and small, respectively.
キーワード (和) 周期フラクタル構造 / カントール媒質 / 電磁波の共振・反共振 / 伝送線理論 / FDTD法 / / /  
(英) Periodical fractal structure / Cantor media / resonance and anti-resonance of electromagnetic wave / transmission line theory / FDTD method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-91, pp. 67-72, 2009年9月.
資料番号 AP2009-91 
発行日 2009-08-27 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-09-03 - 2009-09-04 
開催地(和) 八戸工大 
開催地(英) Hachinohe Inst. of Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-09-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期的フラクタル構造における電磁波共振・反共振特性の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Resonance and Anti-resonance Characteristics of Electromagnetic Wave in Periodical Fractal Media 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周期フラクタル構造 / Periodical fractal structure  
キーワード(2)(和/英) カントール媒質 / Cantor media  
キーワード(3)(和/英) 電磁波の共振・反共振 / resonance and anti-resonance of electromagnetic wave  
キーワード(4)(和/英) 伝送線理論 / transmission line theory  
キーワード(5)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 潤 / Jun Sonoda / ソノダ ジュン
第1著者 所属(和/英) 仙台電波工業高等専門学校 (略称: 仙台電波高専)
Sendai National College of Technology (略称: SNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 海野 啓明 / Keimei Kaino / カイノ ケイメイ
第2著者 所属(和/英) 仙台電波工業高等専門学校 (略称: 仙台電波高専)
Sendai National College of Technology (略称: SNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 源之 / Motoyuki Sato / サトウ モトユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku Universtiy (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-04 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-91 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会