電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-03 10:00
偏波共用指向性MIMOアンテナにおける固有値に基づくアンテナ選択
内田大輔新井宏之横浜国大)・井上祐樹長 敬三NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO 伝送において,指向性や偏波を有効利用することにより効率的な通信が可能となる.そこで,筆者らはこれまでにこれらの効果の解析的・実験的な検証,具体的なMIMOアンテナの提案と屋内伝搬実験による検証を行ってきた.本報告では試作した偏波共用指向性MIMOアンテナを屋内基地局として用い,4素子から2素子を選択するアンテナ選択型MIMOについて実験的な検討を行う.相関行列の固有値をアンテナ選択の基準とすると,第二固有値の最大化により最小のBERが得られることを示す.そして,この選択法では受信地点11点中8点で最大のチャネル容量が得られ,ランダムにアンテナ選択をした場合と比較し,20.8%の改善度となることを明らかにする.更に,第二固有値に加えて第一固有値の要素を基準に組み入れると,全受信地点でほぼ最大のチャネル容量が得られることを明らかにする. 
(英) In MIMO transmission, it is possible to communicate efficiently by beneficial use of radiation pattern and polarization. We have verified these effects by analysis and measurement, and conducted indoor measurements for the proposed MIMO antenna. In this report, we use dual-polarized directional MIMO antenna as indoor base station, and examine empirically about antenna selection of two elements from four. We show that minimum BER is obtained by the selection of maximizing minimum eigenvalue (2nd eigenvalue). We also reveal that maximum channel capacity is achieved in 8 of 11 receiving positions by this selection scheme, and improvement factor is 20.8% compared with expectation in the case of random antenna selection. Moreover, we reveal that nearly maximum channel capacity is achieved in all positions by considering the product of the 1st and 2nd eigenvalues.
キーワード (和) MIMO / 指向性 / 偏波 / 固有値 / アンテナ選択 / チャネル容量 / ビットエラーレート /  
(英) MIMO / radiation pattern / polarization / eigenvalue / antenna selection / channel capacity / BER /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-80, pp. 7-12, 2009年9月.
資料番号 AP2009-80 
発行日 2009-08-27 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-09-03 - 2009-09-04 
開催地(和) 八戸工大 
開催地(英) Hachinohe Inst. of Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-09-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波共用指向性MIMOアンテナにおける固有値に基づくアンテナ選択 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Antenna Selection Based on Eigenvalue in Dual-Polarized Directional MIMO Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 指向性 / radiation pattern  
キーワード(3)(和/英) 偏波 / polarization  
キーワード(4)(和/英) 固有値 / eigenvalue  
キーワード(5)(和/英) アンテナ選択 / antenna selection  
キーワード(6)(和/英) チャネル容量 / channel capacity  
キーワード(7)(和/英) ビットエラーレート / BER  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 大輔 / Daisuke Uchida / ウチダ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 祐樹 / Yuki Inoue / イノウエ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長 敬三 / Keizo Cho / チョウ ケイゾウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-03 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-80 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会