電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-03 11:15
近距離MIMO通信に適した伝送方法に関する検討
西森健太郎関 智弘NTT)・本間尚樹岩手大)・平賀 健溝口匡人NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 著者らはこれまで送受信アレーアンテナ開口に対して無視できないほど送受信距離が近接する近距離MIMO伝送方式の提案を行っている.近距離MIMOでは最適な素子間隔を与えることによって,並列伝送に近いチャネル特性が得られ,一般のMIMO伝送で想定されるi.i.d.チャネルで得られるチャネル容量の期待値を超えることを示した.本報告では,近距離MIMO伝送における実際の制御方法に対するチャネル容量解析と実験による伝送レートを比較する.数値解析と実験結果より,最適素子間隔付近ではZF~(Zero forcing)による復号のみで,MIMO伝送の最適送受信伝送である固有モード伝送~(EM-BF)と同等の特性が得られることを明らかにする.一方,素子間隔を広げても完全な並列伝送を行うことは困難であることを示す.近距離MIMOでは最適素子間隔がキーパラメータであり,最適素子間隔でアンテナを設計することがハードウエアを簡略化する上では有効であることを明らかにする. 
(英) We proposed a novel communication scheme, which uses short range MIMO transmission. In the short range MIMO transmission, the distance between two facing array antennas is comparable with the size of the array antenna aperture. We found that the channel capacity with an optimal antenna spacing is higher than ergodic capacity in i.i.d. channel since the short range MIMO scheme has a high similarity with a parallel data transmission. In this paper, the channel capacity and transmission rate are compared due to actual transmission schemes which are used in MIMO systems. When the optimal element spacing is obtained, the channel capacity by Zero forcing (ZF) is almost same with that by Eigen-mode beamforming (EM-BF). On the other hand, we clarify that \emph{perfect} parallel transmission is very difficult because inter-stream interference occurs even in wide antenna spacing. We show that the optimal element spacing is a key parameter in the short range MIMO communication; it is very effective to design array antennas with the optimal element spacing for a simple hardware configuration.
キーワード (和) MIMO / 近距離通信 / 固有モード伝送 / ゼロフォーシング / 並列伝送 / / /  
(英) MIMO / short range communication / Eigen-mode beamforming / Zero Forcing / parallel transmission / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-83, pp. 23-28, 2009年9月.
資料番号 AP2009-83 
発行日 2009-08-27 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-09-03 - 2009-09-04 
開催地(和) 八戸工大 
開催地(英) Hachinohe Inst. of Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-09-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近距離MIMO通信に適した伝送方法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Transmission Method in Short Range MIMO Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 近距離通信 / short range communication  
キーワード(3)(和/英) 固有モード伝送 / Eigen-mode beamforming  
キーワード(4)(和/英) ゼロフォーシング / Zero Forcing  
キーワード(5)(和/英) 並列伝送 / parallel transmission  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporration (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 智弘 / Tomohiro Seki / セキ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporration (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平賀 健 / Ken Hiraga / ヒラガ ケン
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporration (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 溝口 匡人 / Masato Mizoguchi / ミゾグチ マサト
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporration (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-03 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-83 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会