お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-27 14:25
ディジタルコヒーレント受信器を用いた160Gbit/s、QPSK信号の1,000km伝送
張 超森 洋二郎薄衣雅俊五十嵐浩司加藤一弘菊池和朗東大OCS2009-34
抄録 (和) ディジタルコヒーレント受信器の処理できる信号の最大シンボルレートは、アナログ・ディジタル変換器(ADC)により厳しく制限される。この速度制限は、時間多重分離機能を持つディジタルコヒーレント受信器により克服することができる。筆者らは、80Gsymbol/s (160Gbit/s) 4相位相変調(QPSK)信号の1,000km伝送を行い、前方誤り訂正 (FEC) 限界以下のビット誤り率(BER)で復調することに成功した。これらの結果より、時間多重分離機能を持つディジタルコヒーレント受信器の長距離伝送システムへの適用性が示された。そして、超高速の長距離伝送システムの構築が期待される。 
(英) The maximum symbol rate that a digital coherent receiver can process is strictly limited by the operation speed of analog-to-digital converters (ADCs). This limitation can be overcome by employing a local oscillator (LO) pulsed at a subharmonic frequency of the symbol rate, which can perform time-division demultiplexing of the signal. In this paper, we demonstrate 1,000-km transmission of a 80-Gsymbol/s (160 Gbit/s) QPSK signal using such a receiver. We successfully demodulate the 160 Gbit/s QPSK signal with a bit-error rate (BER) under the forward-error correction (FEC) threshold, and confirm its applicability to long-haul transmission systems.
キーワード (和) ディジタル信号処理 / 光ファイバ通信 / 光時間多重分離 / 位相偏移変調 / / / /  
(英) Digital signal processing / Optical fiber communication / Optical time-division demultiplexing / Phase-shift keying / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 178, OCS2009-34, pp. 29-34, 2009年8月.
資料番号 OCS2009-34 
発行日 2009-08-20 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2009-34

研究会情報
研究会 OFT OCS  
開催期間 2009-08-27 - 2009-08-28 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ【変更】 
開催地(英)  
テーマ(和) 光ファイバ、光ファイバケーブル、光ファイバ部品、光信号処理、光計測、光伝搬、光発生、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2009-08-OFT-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタルコヒーレント受信器を用いた160Gbit/s、QPSK信号の1,000km伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission of 160-Gbit/s QPSK signals on a single carrier over 1,000 km using digital coherent receivers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディジタル信号処理 / Digital signal processing  
キーワード(2)(和/英) 光ファイバ通信 / Optical fiber communication  
キーワード(3)(和/英) 光時間多重分離 / Optical time-division demultiplexing  
キーワード(4)(和/英) 位相偏移変調 / Phase-shift keying  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 超 / Chao Zhang / チョウ チョウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 洋二郎 / Yojiro Mori / モリ ヨウジロウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 薄衣 雅俊 / Masatoshi Usui / ウスイ マサトシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 浩司 / Koji Igarashi / イガラシ コウジ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 一弘 / Kazuhiro Katoh / カトウ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 和朗 / Kazuro Kikuchi / キクチ カズロウ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-27 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2009-34 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.178 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2009-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会