電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-21 16:40
電気接点の開離時現象の等価回路解析
佐藤賢二若月 昇高津宣夫石巻専修大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-57 CPM2009-81 OPE2009-105 LQE2009-64
抄録 (和) 開閉電気接点の通電、接点溶融、アーク放電などの物理現象の遷移過程に、電気的等価回路の適用を検討する。凹凸のある表面の接触状態を、多数の接触点群とみなし、電気的、熱的特性に着目して、導電(抵抗)クラスター、溶融クラスターおよび電界効果クラスターへの分類を提案する。開閉動作時の電圧電流応答の複雑な実験結果を定性的に理解できる。特に、接点抵抗が増加し、接点が溶融温度に近づく(Vc=Um)と、電気回路の条件で、金属が溶融して急激に溶断にいたる場合と、機械的変位によって金属ブリッジ形成に至る場合があることを示す。電流遮断前後は、電界効果クラスターが電子の電界放出や絶縁破壊を発生する可能性を示した。 
(英) The application of an electric equivalent circuit is examined for the transition process of physical phenomena from energizing contact to melting contact and to arc discharge during the breaking contact operation. Due to the tangency on the surface with the ruggedness, the contact is considered to consist of a lot of contacting points. The electric functions of contacting points are classified into a electric conductive (resistance) cluster, a melting cluster, and a electric field effect cluster. The electric conductive cluster would transfer to the melting cluster at Vc=Um (Vc; contact voltage, Um; melting voltage) . The melting cluster would melt down or would fabricate the metal bridge, depending on the electric circuit condition. The field effect cluster showed the possibility that the field emission and/or the dielectric breakdown of the electron would occur before and after the fusion of the melting cluster.
キーワード (和) 電気接点 / 電磁リレー / 金属ブリッジ / 銀接点 / 等価回路 / / /  
(英) Electric contacts / Electromagnetic Relay / Metal Bridge / Ag Contacts / Equivalent Circuit / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 173, EMD2009-57, pp. 163-168, 2009年8月.
資料番号 EMD2009-57 
発行日 2009-08-13 (EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 OPE EMD CPM LQE  
開催期間 2009-08-20 - 2009-08-21 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-08-OPE-EMD-CPM-LQE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電気接点の開離時現象の等価回路解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Equivalent Circuit Analysis of Ag Breaking Contact Phenomena 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電気接点 / Electric contacts  
キーワード(2)(和/英) 電磁リレー / Electromagnetic Relay  
キーワード(3)(和/英) 金属ブリッジ / Metal Bridge  
キーワード(4)(和/英) 銀接点 / Ag Contacts  
キーワード(5)(和/英) 等価回路 / Equivalent Circuit  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 賢二 / Kenji Sato / サトウ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若月 昇 / Noboru Wakatsuki / ワカツキ ノボル
第2著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高津 宣夫 / Nobuo Takatsu / タカツ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-21 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-57,IEICE-CPM2009-81,IEICE-OPE2009-105,IEICE-LQE2009-64 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.173(EMD), no.174(CPM), no.175(OPE), no.176(LQE) 
ページ範囲 pp.163-168 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2009-08-13,IEICE-CPM-2009-08-13,IEICE-OPE-2009-08-13,IEICE-LQE-2009-08-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会