電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 16:50
MC-CDMAの信号検出に関する一検討
山本和典安達宏一中川正雄慶大RCS2009-108
抄録 (和) マルチキャリア符号分割多元接続(MC-CDMA: Multi-Carrier Code Division Multiple Access)は,周波数利用効率が高く,ガードインターバルによりマルチパス伝搬によるシンボル間干渉を避けることができるということから,次世代無線通信システムにおいて有力な多重アクセス方式である.マルチパスを通過してきた同一の拡散符号を利用したMC-CDMA信号に対して,周波数領域で,パスの遅延時間に基づく逆位相回転を与えることにより各パスを伝搬してきた信号を分離し,仮想的に受信アンテナの本数を増加させる方法が提案されている.マルチアンテナ受信においては最尤検出(MLD: Maximum Likelihood Detection)が有効であるが,ユーザ数の増加により演算量が指数関数的に増大する.本稿では, MC-CDMAシステムにおいて存在するユーザ間で重ならないパスを有効に利用することでMLDと比較して演算量の低減を実現する信号検出法の提案を行う.提案法による演算量の低減を示すと共に,計算機シミュレーションにより提案法の平均ビット誤り率特性(BER: Bit Error Rate)を明らかにしている. 
(英) Multi-carrier-code division multiple access (MC-CDMA) is a promising candidate for the next generation mobile communication because of its high spectrum efficiency and capability to eliminate the adverse effect of inter-symbol interference (ISI) resulting from the multipath fading channel by applying guard interval. In the literature a signal detection method for MC-CDMA which uses the multipath components with different time delays as a virtual receive antennas to form multiple-input multiple-output (MIMO), has been proposed,. Maximum likelihood detection (MLD) is an effective detection method in MIMO system, but the calculation cost increases exponentially with the number of users. In this paper, we propose an iterative signal detection method which utilizes the paths whose delay time is not the same among the multiple users in the MC-CDMA system described above. The bit error rate (BER) performance of the proposed method is evaluated by computer simulation, and the results show the proposed method can reduce calculation cost with a little BER performance degradation.
キーワード (和) MC-CDMA / MIMO多重 / 位相回転 / 繰り返し信号処理 / / / /  
(英) MC-CDMA / MIMO Multiplexing / Phase Rotation / Iterative Signal Processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-108, pp. 177-182, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-108 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-108

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MC-CDMAの信号検出に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Signal Detection for MC-CDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MC-CDMA / MC-CDMA  
キーワード(2)(和/英) MIMO多重 / MIMO Multiplexing  
キーワード(3)(和/英) 位相回転 / Phase Rotation  
キーワード(4)(和/英) 繰り返し信号処理 / Iterative Signal Processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 和典 / Kazunori Yamamoto / ヤマモト カズノリ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 宏一 / Koichi Adachi / アダチ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 正雄 / Masao Nakagawa / ナカガワ マサオ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-108 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.177-182 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会