お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 13:00
離散時間カオス・ニューラルネットワークにみられる振動応答の分岐と引力圏
武藏美緒藤本憲市吉永哲哉徳島大NLP2009-56
抄録 (和) 筆者らは,高次数周期の振動応答を発生させることのできる離散時間カオス・ニューロンと1個の大域的抑制性素子で構成されるカオス・ニューラルネットワークを提案している.各カオス・ニューロンは1個の直流入力項を持つが,これら直流入力が同じ値を持つカオス・ニューロン同士に限り対称性を持つ系となる.著者らは,対称な系,非対称な系それぞれにみられる周期点の分岐解析を通じて,高次数周期の振動応答の発生機構を詳細に調べた.本稿では,3個のカオス・ニューロンからなるカオス・ニューラルネットワークを対象とし,各カオス・ニューロンへの直流入力値と,定常状態において安定な振動応答が発生する初期値領域との関係を調査した.また,相互相関係数を用いて,本解析で必要となる複数の周期振動間の位相差を判定する方法を考案した.筆者らのカオス・ニューラルネットワークは動的画像領域分割システムに応用することができ,本稿で得られた解析結果は,動的画像領域分割にとって最適なパラメータを設計する際に有意義な情報となる. 
(英) We have proposed a discrete-time dynamical system consisting of a global inhibitor and chaotic neurons that can generate oscillatory responses with high order of period.Each chaotic neuron has a direct current (DC) input.The dynamical system of chaotic neurons with only the same values of DC inputs becomes symmetric.Through analyzing bifurcation phenomena of periodic points observed in two- or three-coupled system of chaotic neurons and a global inhibitor, we elucidated the generating mechanisms of periodic points in symmetric or asymmetric dynamical systems.In this report, we treat a three-coupled system and study basin of stable periodic points for several values of DC inputs to each chaotic neuron. The results give significant information for designing parameters of a dynamic image segmentation system using our coupled system.
キーワード (和) カオス・ニューラルネットワーク / 離散時間力学系 / 振動応答 / 分岐 / 引力圏 / / /  
(英) coupled system of chaotic neurons / discrete-time dynamical system / oscillatory response / bifurcation / basin of attractor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 167, NLP2009-56, pp. 65-70, 2009年8月.
資料番号 NLP2009-56 
発行日 2009-07-27 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-56

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) ヨンデンプラザ中村(高知県中村市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-08-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散時間カオス・ニューラルネットワークにみられる振動応答の分岐と引力圏 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bifurcation and Basin of Oscillatory Responses Observed in a Discrete-Time Chaotic Neural Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス・ニューラルネットワーク / coupled system of chaotic neurons  
キーワード(2)(和/英) 離散時間力学系 / discrete-time dynamical system  
キーワード(3)(和/英) 振動応答 / oscillatory response  
キーワード(4)(和/英) 分岐 / bifurcation  
キーワード(5)(和/英) 引力圏 / basin of attractor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藏 美緒 / Mio Musashi / ムサシ ミオ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 憲市 / Ken'ichi Fujimoto / フジモト ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 哲哉 / Tetsuya Yoshinaga / ヨシナガ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2009-56 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.167 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会