電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 13:30
クリッピングに基づくOFDM信号のピーク電力抑圧法における信号点遷移の制限法に関する一検討
安藤広貴樋口健一東京理科大RCS2009-101
抄録 (和) OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)におけるPAPR (Peak-to-Average Power Ratio)抑圧法として,CF (Clipping and Filtering)法およびCF法に対しPAPR抑圧後の信号点遷移に条件を設けるCF-EVM (Error Vector Magnitude)法について,ターボ符号化時の平均パケット誤り率(PER: Packet Error Rate)特性を比較する.また,CF-EVM法の信号点遷移の制限法として従来の円形制限法に比較して軟判定チャネル復号に必要なLLR (Log Likelihood Ratio)の誤差の観点から有利となる方形制限法を提案する.計算機シミュレーション結果から,多値変調と高チャネル符号化率の組み合わせにより高速伝送を行う際に,方形制限を用いるCF-EVM法が従来のCF法や円形制限を用いるCF-EVM法に比較して,同一のPAPR抑圧度の条件下において平均PERを低減できることを示す. 
(英) This paper investigates a restriction scheme of the signal constellation transition in clipping-based peak-to-average power ratio (PAPR) reduction techniques in orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) taking into account the use of the Turbo coding. Conventional restriction scheme of the signal constellation transition uses the circular limitation so that the transmit signal after PAPR reduction satisfies the target error vector magnitude (EVM) constraint. However, when we consider the application of the soft-decision channel decoding, the achievable performance is determined by the error magnitude in I and Q component of the transmitted signal constellation rather than the EVM. Therefore, we propose a rectangular-based restriction of signal constellation transition. The proposed rectangular-based restriction achieves better packet error rate (PER) comparing to the conventional CF and CF-EVM with circular limitation assuming same PAPR.
キーワード (和) OFDM / マルチキャリア / PAPR / チャネル符号化 / クリッピング / / /  
(英) OFDM / Multi-carrier / PAPR / Channel coding / Clipping / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-101, pp. 139-142, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-101 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-101

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クリッピングに基づくOFDM信号のピーク電力抑圧法における信号点遷移の制限法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Restriction Scheme of Signal Constellation Transition in Clipping-Based PAPR Reduction Method in OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) マルチキャリア / Multi-carrier  
キーワード(3)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(4)(和/英) チャネル符号化 / Channel coding  
キーワード(5)(和/英) クリッピング / Clipping  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 広貴 / Hiroki Andoh / アンドウ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-101 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.139-142 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会