電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 16:00
PAPR低減手法を組み込んだSC-FDEにおける間欠的パイロットシンボルを用いたチャネル推定手法
元川大路岡本英二岩波保則名工大RCS2009-106
抄録 (和) 移動体通信において発生するマルチパスフェージングを効果的に等化するために,orthogonal frequency division multiplexing (OFDM)にはフェージング補償方式が広く用いられている.しかし,OFDM方式はmulti carrier (MC)伝送であるためpeak-to-average power ratio (PAPR)が高いという欠点がある.そのため上りリンク等においてはPAPRが低いsingle carrier (SC)伝送を用い,等化手法にsingle carrier-frequency domain equalization (SC-FDE)を行う事が多い.この様な背景から,より高精度な上りリンクでの等化を実現するためにSC-FDE用のfast Fourier transform (FFT)を用いたチャネル補償方式を提案した.この手法を用いる事で,SC伝送に間欠的パイロットシンボルを適用でき,伝送効率を向上させる事ができる.しかし,この伝送方式のPAPRは通常のSC伝送のPAPRよりも大幅に高くなるという課題があった.そこで本稿では,間欠的パイロットシンボルと情報シンボルで構成される新たなフレーム構成法を提案し,constant amplitude zero auto-correlation (CAZAC)系列をパイロットシンボルに適用させ,PAPRの低減化を行う.そして,計算機シミュレーションにより提案手法の有効性を明らかにする. 
(英) In mobile communications, a frequency domain equalization for multipath fading is widely used in orthogonal frequency division multiplexing (OFDM). However, the peak-to-average power ratio (PAPR) of OFDM is relatively high due to the noise-like signal style of multi carrier (MC) transmission. On the other hand, PAPR of single carrier (SC) transmission is lower than that of MC and the SC is often applied to uplink transmission because of less requirement of amplifier linearity. In SC, the frequency domain equalizer called single carrier-frequency domain equalization (SC-FDE) is also used as well as MC, and to raise the transmission quality, an accurate channel estimation is required for it. From such a background, we proposed a sparse pilot symbol-based channel estimation scheme for SC-FDE using fast Fourier transform (FFT) in which the pilot symbols are inserted periodically in the time and frequency plane, and achieve more accurate equalization for uplink transmission. Using sparse pilot symbols on SC transmission improves frequency efficiency, but also, PAPR of that scheme becomes higher than PAPR of normal SC transmission.
Therefore, in this paper, we propose a transmission scheme of SC-FDE with sparse pilot symbols using a new frame configuration and constant amplitude zero auto-correlation (CAZAC) pilot symbols. We introduce the discrete Fourier transform (DFT)-based discrete multiplexing of pilot symbols and the CAZAC-based sparse pilot symbols of SC-FDE for spectral efficiency and lower PAPR. The performance improvement is evaluated through computer simulations.
キーワード (和) SC-FDE / FFT / PAPR / CAZAC系列 / / / /  
(英) SC-FDE / FFT / PAPR / CAZAC sequence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-106, pp. 165-170, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-106 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-106

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PAPR低減手法を組み込んだSC-FDEにおける間欠的パイロットシンボルを用いたチャネル推定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A channel estimation scheme with a peak-to-average power ratio reduction in single carrier-frequency domain equalization using sparse pilot symbols 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SC-FDE / SC-FDE  
キーワード(2)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(3)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(4)(和/英) CAZAC系列 / CAZAC sequence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 元川 大路 / Daiji Motokawa / モトカワ ダイジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-106 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.165-170 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会