電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 16:25
誤り訂正符号化を行った場合のMC-CDMAにおける最尤検出に適した拡散符号の特性評価
若宮 輝樋口健一東京理科大RCS2009-107
抄録 (和) 本稿では,先に提案した最尤検出(MLD: maximum likelihood detection)を行う場合にMC-CDMAの受信品質を改善する拡散符号構成について,チャネル符号化を行った場合の特性を評価する.提案拡散符号であるWalsh符号に位相回転を与える回転Walsh符号と拡散・符号多重後のコンスタレーションがQAM(quadrature amplitude modulation)状になるQAM符号は,共にコードワード間の2乗積距離が常に0より大きくなるため従来のWalsh符号に比較してダイバーシチ利得を増大できるが,回転Walsh符号はQAM符号に比較して最小2乗積距離が大きい一方,平均2乗積距離が小さい特徴があった.計算機シミュレーション結果から,2つの提案符号を比較すると,チャネル符号化を用いない場合,回転Walsh符号が,最小2乗積距離が平均ビット誤り率(BER: bit error rate)に与える影響が支配的となるためより平均BERを低減できる.一方,チャネル符号化を用いた場合は平均2乗積距離の大きさがチャネル復号後のBERにより影響を与えるため,QAM符号が回転Walsh符号よりも平均BERを低減できることを示す. 
(英) This paper investigates the spreading code sequences appropriate for the multicarrier code division multiple access (MC-CDMA) assuming the maximum likelihood detection (MLD) at the receiver. The conventional Walsh code sequence-based spreading code does not allow for exploitation of full diversity using MLD due to the zero product codeword distance. Therefore, we have proposed two spreading codes named a rotational Walsh code which is generated by applying phase rotation to the conventional Walsh code sequence and quadrature amplitude modulation (QAM) code whose constellation after spreading and code-multiplexing takes QAM-like shape. By designing the spreading code so that the minimum squared product codeword distance becomes larger than zero, these proposed codes achieve full frequency diversity. Without channel coding, we have shown that the rotational Walsh code achieves better bit error rate (BER) than the QAM code due to the larger minimum squared product codeword distance. However, we show in the paper that in channel coded case, the QAM code chieves better BER than the rotational Walsh code thanks to the larger average squared product codeword distance.
キーワード (和) MC-CDMA / 拡散符号 / 最尤検出 / ダイバーシチ / チャネル符号化 / / /  
(英) MC-CDMA / Spreading code / Maximum likelihood detection / Diversity / Channel coding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-107, pp. 171-176, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-107 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-107

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誤り訂正符号化を行った場合のMC-CDMAにおける最尤検出に適した拡散符号の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Spreading Code Sequence Appropriate for Maximum Likelihood Detection in MC-CDMA with Channel Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MC-CDMA / MC-CDMA  
キーワード(2)(和/英) 拡散符号 / Spreading code  
キーワード(3)(和/英) 最尤検出 / Maximum likelihood detection  
キーワード(4)(和/英) ダイバーシチ / Diversity  
キーワード(5)(和/英) チャネル符号化 / Channel coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若宮 輝 / Akira Wakamiya / ワカミヤ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-107 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.171-176 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会