電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-03 09:00
マルチキャリアMSK変調を用いた高速無線通信システム ~ 直交周波数配置による帯域低減手法の検討 ~
亀田 卓東北大)・大嶋尚一NTT)・タ トァン タン小熊 博高木 直坪内和夫東北大RCS2009-78
抄録 (和) 本発表では,60GHz 帯における 2Gbit/s 超高速無線通信方式として,定包絡線変調を用いたオーバラップマルチキャリア方式の検討を行った.一次変調には,定包絡線変調方式である MSK(minimum shift keying)を適用した.送信増幅器(PA: power amplifier)をサブキャリア数分用い,ゼロ PAPR(peak-to-average power ratio)のサブキャリアをそれぞれ個別に PA へ入力する構成とすることで,PA の高効率・高出力電力動作を可能とした.良好なビット誤り率(BER: bit error rate)特性を維持したまま周波数利用効率を向上させるために,直交配置マルチキャリア MSK 方式と,受信器に LPF(low-pass filter)を用いた非直交配置マルチキャリア MSK 方式を提案した.計算機シミュレーションにより BER 特性の評価を行った結果,いずれの方式も $E_b/N_0$ ペナルティは 0.5dB 以下となった.提案方式でサブキャリア数 4 とした場合,サブキャリアシンボルレート250Msymbol/s,サブキャリアベースバンド帯域幅 375MHz,システム RF 帯域幅 2250MHz,ゼロ PAPR で実現できることを示した. 
(英) We propose a multi-carrier transmission with constant envelope modulation
for 60GHz-band and over 2Gbit/s high speed wireless system. Modulating method for subcarrier is minimum shift keying (MSK) with zero
peak-to-average power ratio (PAPR). All subcarriers are amplified individually to envelope of input signal of power amplifier constant. To reduce overall radio frequency (RF) bandwidth, subcarriers are orthogonal-frequency allocated. In the case of 4 subcarriers, we can get 250Msymbol/s subcarrier symbol rate, 375MHz baseband bandwidth and 2250MHz RF bandwidth, for the proposed 2Gbit/s system. The spectral efficiency is 0.89bit/s/Hz. We evaluated bit error rate (BER) performance of the proposed system using computer simulation. The degradation of BER was negligibly small.
キーワード (和) MSK (minimum shift keying) / マルチキャリア / 直交配置 / PAPR (peak-to-average power ratio) / 送信増幅器 (PA: power amplifier) / / /  
(英) minimum shift keying (MSK) / multi-carrier / orthogonal-frequency allocation / peak-to-average power ratio (PAPR) / power amplifier (PA) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-78, pp. 1-6, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-78 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-78

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチキャリアMSK変調を用いた高速無線通信システム 
サブタイトル(和) 直交周波数配置による帯域低減手法の検討 
タイトル(英) High-Speed Wireless System Using Multi-Carrier MSK Modulation 
サブタイトル(英) Bandwidth Reduction Method with Orthogonal-Frequency Allocation 
キーワード(1)(和/英) MSK (minimum shift keying) / minimum shift keying (MSK)  
キーワード(2)(和/英) マルチキャリア / multi-carrier  
キーワード(3)(和/英) 直交配置 / orthogonal-frequency allocation  
キーワード(4)(和/英) PAPR (peak-to-average power ratio) / peak-to-average power ratio (PAPR)  
キーワード(5)(和/英) 送信増幅器 (PA: power amplifier) / power amplifier (PA)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大嶋 尚一 / Shoichi Oshima / オオシマ ショウイチ
第2著者 所属(和/英) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 (略称: NTT)
presently with NTT Microsystem Integration Laboratories (略称: NTT Microsystem Integration Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) タ トァン タン / Ta Tuan Thanh / タ トァン タン
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-03 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-78 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会