電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-03 16:10
SCLDGM符号の野外伝送実験による特性評価
神原浩平光山和彦中川孝之池田哲臣NHKRCS2009-91
抄録 (和) 800MHz帯FPU ( Field Pick-up Unit ) システムは,マラソン中継などの移動映像伝送に用いられている.現在,筆者らはより高画質で途切れにくい次世代システムを目指してMIMO伝送技術および誤り訂正技術の研究を行っている.直列連接LDGM ( SCLDGM: Serially-Concatenated Low-Density Generator Matrix ) 符号はLDPC(Low-density Parity-check)符号の短所である符号化演算量とエラーフロアの両方を低減可能な符号としてFPU用の誤り訂正符号として着目しており,これまでに連接に適したLDGM構造の提案などを行い,シミュレーションによる評価を行ってきた.今回,野外移動伝送実験によりSCLDGM符号の特性を現行システムの畳込み+RS(Reed-Solomon)連接符号などと比較した評価を行った.さらに,FPUシステムへのLDGM符号の導入に向けた観点から符号についての考察を行った. 
(英) 800MHz band Field Pick-up Unit (FPU) system is mainly used at live marathon programs to transmit the live camera picture from the moving van. We are studying MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) and FEC (Forward Error Correction) technologies to develop the improved next generation FPU system. About FEC, we are aiming to apply LDPC (Low-density Parity-check) code and, its application, SCLDGM (Serially-concatenated Low-density Generator-matrix) code. On [4], we proposed the new type of LDGM structure that improves the BER (Bit Error Rate) performance of SCLDGM code. In this paper, the performances of several types of SCLDGM codes are evaluated both by the simulation and the field transmitting experiment. For addition, we mention to the further details on applying the SCLDGM codes to the FPU system.
キーワード (和) 800MHz帯FPU / ロードレース / 中継 / LDPC / 連接符号 / SCLDGM / /  
(英) 800MHz band FPU / road race / live / LDPC / Concatenated code / SCLDGM / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-91, pp. 79-84, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-91 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-91

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SCLDGM符号の野外伝送実験による特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of SCLDGM code by field experiments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 800MHz帯FPU / 800MHz band FPU  
キーワード(2)(和/英) ロードレース / road race  
キーワード(3)(和/英) 中継 / live  
キーワード(4)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(5)(和/英) 連接符号 / Concatenated code  
キーワード(6)(和/英) SCLDGM / SCLDGM  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神原 浩平 / Kohei Kambara / カンバラ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki Nakagawa / ナカガワ タカユキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-03 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-91 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会