電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-03 15:05
基地局連携マルチユーザMIMOにおける平均受信SNRを利用したユーザ選択方法の一評価
関 洋亮田久 修楳田洋太郎東京理科大RCS2009-100
抄録 (和) 複数の送受信アンテナを用いることで,同一周波数で複数の情報を並列伝送し,周波数利用効率を高める技術であるMIMO(Multi-Input Multi-Output)が注目されている.しかし,セルラーMIMOシステムの問題点の一つとしてセルエッジにおける端末の特性劣化が挙げられる.この問題の解決策として,基地局連携MIMO技術が注目されている.さらに,基地局連携マルチユーザMIMOへ拡張することで,拡大した伝送容量を各ユーザの伝送へ振り分け,複数のユーザにおける大容量無線アクセスが実現できる.しかし,伝送容量を最大化する最適なユーザ組み合わせを決定するには,システムが複雑かつ計算量が大きい.本稿では,基地局連携マルチユーザMIMO環境において,各端末の平均受信SNRの和を計算し,無線リソースを割り当てる候補を平均SNRの和が高い上位のユーザに絞り込むことで,計算量を削減するユーザ選択方法を提案した.提案法は,計算量を大幅に削減し,より現実的なシャドウイングに空間方向に相関のある環境において有効であることを確認した.また,基地局が1つの場合に比べ,基地局が連携することで特性を改善し,シャドウイングの回避効果を確認した.これらの結果より,提案法は実環境において有効であると考えられる. 
(英) Recently, Multi-Input Multi-Output (MIMO) has been attracting much attention. However, the throughput performance of MS in the cell edge is significantly degraded in cellular MIMO system. For solving this problem, a base station cooperation (BSC) MIMO technology attracts much attention. In addition, in BSC MU-MIMO, the enlarged channel capacity by BSC-MIMO is distributed to the signal transmission of each MS, and thus broadband wireless access can be established. However, for selecting the optimal user, computational complexity is huge. This paper proposes the selection method of using the average received SNR for reducing the computational complexity but achieving large capacity in BSC MU-MIMO down-link system. The proposed method reduces computational complexity significantly compared to the optimal method, if it accepts the small degradation of channel capacity. Moreover, compared to single BS MIMO environment, BSC-MIMO system achieves large channel capacity, due to the diversity effect for shadowing.
キーワード (和) 基地局連携MIMO / マルチユーザMIMO / ユーザ選択 / / / / /  
(英) Base Station Cooperation MIMO / Multi-User MIMO / User selection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-100, pp. 133-138, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-100 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-100

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 基地局連携マルチユーザMIMOにおける平均受信SNRを利用したユーザ選択方法の一評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of User Selection with Average SNR in Base Station Cooperation Multi-User MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局連携MIMO / Base Station Cooperation MIMO  
キーワード(2)(和/英) マルチユーザMIMO / Multi-User MIMO  
キーワード(3)(和/英) ユーザ選択 / User selection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 洋亮 / Yohsuke Seki / セキ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楳田 洋太郎 / Yohtaro Umeda / ウメダ ヨウタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-03 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-100 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会