電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-03 13:10
LTE-Advanced上り回線における非連続帯域割当のシステム性能評価
岩井 敬松元淳志吉田 正二木貞樹パナソニックモバイル開発研)・今村大地パナソニックRCS2009-85
抄録 (和) 現在,移動通信の国際的標準化団体である3rd Generation Partnership Project (3GPP)において,第4世代の移動通信システムとして,Long Term Evolution (LTE)-Advancedの標準化が開始されている.LTE-Advancedにおいても,Release 8として規格化作業の完了したLTE(Rel.8 LTE)より更なる周波数利用効率の向上が要求されており,LTE-Advancedの上り回線では連続帯域割当(シングルキャリア伝送)に加えて,柔軟な周波数リソース割当が可能な非連続帯域割当(マルチキャリア伝送)を導入することで,周波数領域スケジューリングによるシステムスループット性能の改善が期待されている.しかしながら,実システム運用環境では,チャネル品質測定誤差や制御チャネル用無線リソースの制限により基地局のスケジューリングが適切に動作せず,非連続帯域割当による効果が低下することが懸念される.本稿では,システムレベルシミュレーションを用いて,これらの劣化要因をモデル化した上で,非連続帯域割当の導入によるシステム性能を評価した.その結果,劣化要因を考慮した環境において,連続帯域割当の導入によりセクタースループットを10%以上改善できることを示す. 
(英) Long Term Evolution (LTE) -Advanced, a candidate for the 4th generation mobile communication systems, is under standardization process in 3rd Generation Partnership Project (3GPP). For the LTE-Advanced, several technology components have been considered to provide higher spectrum efficiency than LTE system standardized as Release 8(Rel.8 LTE). For this purpose, supporting non-contiguous frequency resource allocation (FRA) (i.e. multi-carrier transmission) is considered as a LTE-Advanced uplink transmission scheme, in addition to contiguous FRA (i.e. single carrier transmission) supported in Rel.8 LTE. Assuming realistic operations, the performance gain from the non-contiguous FRA is, in the general case, restricted by measurement error in channel quality and limitation of the radio resource which can be allocated for control channels. In this report, therefore, we modeled these impairments and evaluated the system performance by the system level simulator with taking into account the impairments. Consequently, the results show the non-contiguous FRA still provided more than 10% gain in terms of the average cell throughput under the realistic assumptions.
キーワード (和) LTE-Advanced / 上り回線 / 非連続帯域割当 / スケジューリング / システムレベルシミュレーション / / /  
(英) LTE-Advanced / Uplink / Non-contiguous allocation / Scheduling / System level simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-85, pp. 43-48, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-85 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-85

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced上り回線における非連続帯域割当のシステム性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) System performance evaluation on non-contiguous frequency resource allocation for LTE-Advanced uplink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) 上り回線 / Uplink  
キーワード(3)(和/英) 非連続帯域割当 / Non-contiguous allocation  
キーワード(4)(和/英) スケジューリング / Scheduling  
キーワード(5)(和/英) システムレベルシミュレーション / System level simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 敬 / Takashi Iwai / イワイ タカシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd. (略称: Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 淳志 / Atsushi Matsumoto / マツモト アツシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd. (略称: Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 正 / Tadashi Yoshida / ヨシダ タダシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd. (略称: Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 二木 貞樹 / Sadaki Futagi / フタギ サダキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd. (略称: Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 大地 / Daichi Imamura / イマムラ ダイチ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-03 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-85 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会