電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-03 10:15
DSAのための帯域制限付きスペクトラム分割シングルキャリア伝送方式の基本性能
鈴木康夫太郎丸 真矢野一人上羽正純ATRRCS2009-81
抄録 (和) ダイナミックスペクトラムアクセスシステムに適した伝送方式として提案した,シングルキャリア変調のスペクトラムをバンドパスフィルタにより複数のサブスペクトラムに分割し,それぞれを周波数変換して伝送する帯域制限付きスペクトラム分割シングルキャリア伝送方式の基本性能についてシミュレーションにより評価した.その結果,ピーク対平均電力比(PAPR)の低減が期待されるガウスフィルタやロールオフ率の高いロールオフフィルタを適用した場合は,マルチキャリア化した場合と比べPAPRを低減することは可能であるが,復調特性が劣化することが分かった.一方,ロールオフ率をフィルタ帯域に反比例させ,カットオフ特性を一定にしたロールオフフィルタを適用した場合は復調特性に劣化は観られず,帯域外漏洩電力比(OBLR)も良好な特性が得られ,PAPRは前者と比べ約1 dB程度の増加に留まった. 
(英) Band-limited spectrum-division single carrier transmission proposed for dynamic spectrum access, which divides the single carrier modulation spectrum into a few “subspectra” by using band-limiting filters and allocates them for fragmented vacant spectra, is evaluated by computer simulations. In the case of Gaussian filter or roll-off filter with high roll-off factor, PAPR (peak to average power ratio) can be reduced more than multi-carrier transmission case though the demodulation performance is degraded. On the other hand, in the case of roll-off filter with fixed cut-off characteristics, the demodulation performance is not degraded, OBLR (out of band leakage ratio) also shows good performance, and PAPR is suppressed about 1-dB increase more than the former filter cases.
キーワード (和) ダイナミックスペクトラムアクセス / シングルキャリア伝送 / シミュレーション / PAPR / OBLR / BER / /  
(英) Dynamic Spectrum Access / Single Carrier Transmission / Simulation / PAPR / OBLR / BER / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-81, pp. 19-23, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-81 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-81

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DSAのための帯域制限付きスペクトラム分割シングルキャリア伝送方式の基本性能 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic Performance of Band-Limited Spectrum-Division Single Carrier Transmission for Dynamic Spectrum Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic Spectrum Access  
キーワード(2)(和/英) シングルキャリア伝送 / Single Carrier Transmission  
キーワード(3)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(4)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(5)(和/英) OBLR / OBLR  
キーワード(6)(和/英) BER / BER  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康夫 / Yasuo Suzuki / スズキ ヤスオ
第1著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太郎丸 真 / Makoto Taromaru / タロウマル マコト
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第3著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上羽 正純 / Masazumi Ueba / ウエバ マサズミ
第4著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-03 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-81 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会