電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-03 13:35
室内用基地局を配置したEvolved UTRAにおける上りリンク送信電力制御法の検討
佐藤裕高中村一尊沖野健太草野吉雅京セラRCS2009-86
抄録 (和) 本稿では,室内用基地局HeNB (Home eNodeB) を配置したEvolved UTRA (UMTS Terrestrial Radio Access)において,HeNBに接続しているUE (HUE: Home User Equipment) がマクロセル基地局MeNB (Macro eNodeB) へ与えるセル間干渉を低減させるための上りリンク送信電力制御 (TPC: Transmission Power Control) 法について検討する.システムレベルシミュレーションの結果,HeNBがOI (Overload Indicator) を取得できると仮定した場合にHUEへOIに基づくTPCを適用しても有用な効果が得られないこと,そして接続するHeNBとのパスロスおよび隣接するMeNBとのパスロスに基づくTPCをHUEに適用することで,HeNBとのパスロスに基づくTPCを適用した場合よりもセル間干渉が低減されてMeNBと接続するUEのスループット特性が改善することを示す. 
(英) This paper investigates uplink transmission power control methods to mitigate inter-cell interference from HUE (Home User Equipment) served by home base station HeNB (Home eNodeB) to macrocell base station MeNB (Macro eNodeB) in Evolved UTRA (UMTS Terrestrial Radio Access). When we assume that OI (Overload Indicator) is available in HeNBs, from system level simulation results, we show that OI-based TPC applied to HUE inherently gives poor throughput for MUE (Macro User Equipment) served by MeNB. Furthermore, we also show that HUE’s TPC based on path loss from HUE to its serving HeNB and path loss from HUE to its neighbour MeNB improves the throughput performance of MUE due to mitigation of inter-cell interference compared to HUE’s TPC based on path loss from HUE to its serving HeNB.
キーワード (和) Evolved UTRA / HeNB / 上りリンク送信電力制御 / セル間干渉 / / / /  
(英) Evolved UTRA / HeNB / uplink transmission power control / inter-cell interference / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 164, RCS2009-86, pp. 49-54, 2009年8月.
資料番号 RCS2009-86 
発行日 2009-07-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-86

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 等化,マルチホップ,リソース制御,無線通信一般 
テーマ(英) Equalization, Multihop Systems, Resource Control, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 室内用基地局を配置したEvolved UTRAにおける上りリンク送信電力制御法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Uplink Transmission Power Control Methods in Evolved UTRA with Home Base Stations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Evolved UTRA / Evolved UTRA  
キーワード(2)(和/英) HeNB / HeNB  
キーワード(3)(和/英) 上りリンク送信電力制御 / uplink transmission power control  
キーワード(4)(和/英) セル間干渉 / inter-cell interference  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 裕高 / Hirotaka Sato / サトウ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 一尊 / Kazutaka Nakamura / ナカムラ カズタカ
第2著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖野 健太 / Kenta Okino / オキノ ケンタ
第3著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 草野 吉雅 / Yoshimasa Kusano / クサノ ヨシマサ
第4著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-03 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-86 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会