お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-30 09:30
分数比サンプルレート変換のための多系統直接挿入/削除ポイント選択法
田中 章眞田幸俊慶大SR2009-38
抄録 (和) 本報告では分数比サンプルレート変換のための直接挿入/削除ポイントの選択法を提案する.直接挿入/削除法は他の分数比サンプルレート変換の方式に比べて,簡単,低消費電力な方法である.また,この方法は,Inserter/Deleter のM 系統化によって挿入/削除ステップで起こるひずみを減らすことができる.変換率が(N±α)/Nのとき,直接挿入/削除ポイントのパターン数と,M 系統化におけるInserter/Deleter のパターン数は の増加とともに多くなる.提案する選択法は位相誤差の平均を最小化するようにパターンを選択する.直接挿入/削除ポイントとM 系統化におけるInserter/Deleter のパターンの選択を最適化することで,直接挿入/削除式サンプルレート変換によるひずみを最小化することができる.本報告では提案法を計算機シミュレーションおよび理論解析により評価し,その有効性を明らかにした. 
(英) In this report, an optimum insertion/deletion point selection algorithm for fractional sample rate conversion (SRC) is proposed. The direct insertion/deletion technique achieves low complexity and low power consumption as compared to the other fractional SRC methods. Using a multiple set insertion/deletion technique is efficient for reduction of distortion caused by the insertion/deletion step. When the conversion factor is $(N\pm\alpha)/N$, the number of possible patterns of insertion/deletion points and the number of combinations for multiple set inserters/deleters grow as $\alpha$ increases. The proposed algorithm minimizes the distortion due to SRC by selecting the patterns and the combinations. In this report, the proposed algorithm is evaluated through theoretical analysis and numerical results obtained from computer simulation.
キーワード (和) 分数比サンプルレート変換 / ソフトウェア無線 / 直接挿入/削除 / 再サンプリング / / / /  
(英) fractional SRC / SDR / direct insertion/deletion / resampling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 155, SR2009-38, pp. 99-105, 2009年7月.
資料番号 SR2009-38 
発行日 2009-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-38

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2009-07-29 - 2009-07-30 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo institute of technology 
テーマ(和) 技術展示、リコンフィギャブルハードウェア、10周年記念イベント 
テーマ(英) Exibition, reconfigurable hardware, and 10th anniversary ceremony 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2009-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分数比サンプルレート変換のための多系統直接挿入/削除ポイント選択法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimum Insertion/Deletion Point Selection for Multiple Set Inserters/Deleters for Fractional Sample Rate Conversion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分数比サンプルレート変換 / fractional SRC  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア無線 / SDR  
キーワード(3)(和/英) 直接挿入/削除 / direct insertion/deletion  
キーワード(4)(和/英) 再サンプリング / resampling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 章 / Akira Tanaka / タナカ アキラ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-30 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-38 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.155 
ページ範囲 pp.99-105 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2009-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会