お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-29 13:25
フーリエ行列を基礎とする多相直交符号の光符号分割多重への適用
塙 雅典細谷健太山梨大OCS2009-20
抄録 (和) 光符号分割多重・光符号分割多元接続用の新しい多相直交符号として,一般化アダマール行列の一種であるフーリエ行列の各行を直交符号として用いるフーリエ符号を提案し,その有効性を実験的に検証する.本符号の利用により,互いに直交する符号語数と符号語長が同程度の短い符号語の利用時でも多重接続干渉を低く抑えることができること,他の符号利用時には製造時に符号語が固定されてしまうファイバブラッググレーティング型光相関器を符号器・復号器に用いる場合でも,相関器が対応する符号語を容易に他の符号語に変更する符号交換が行えること,複雑な干渉除去処理を行わずともビットレートと同程度の狭帯域光検出器で検出できることを示す. 
(英) Fourier code, a novel multi-phase orthogonal code for optical code division multiplexing (OCDM) / optical code division multiple access (OCDMA), is proposed. The Fourier code is given as rows of Fourier matrices, which are a kind of generalized Hadamard matrix; therefore the Fourier code is a kind of complex-valued (I-Q) orthogonal code utilizing multiple states of carrier phase to represent a codeword, in contrast with conventional real-valued orthogonal codes such as binary Hadamard code or Gold sequences, well-known in CDMA systems for mobile communications. The use of the Fourier code in an OCDM/OCDMA system gives low multiple access interference property as well as a novel functionality, code adaptation, which enables to change a codeword represented by an optical encoder/decoder, even when fiber Bragg grating based optical correlators are used as optical encoders or decoders. In this report, the effectiveness of the Fourier code is experimentally demonstrated.
キーワード (和) 光符号分割多重 / 光符号分割多元接続 / 多相直交符号 / 一般化アダマール行列 / 多重干渉低減 / / /  
(英) OCDM / OCDMA / Multi-phase orthogonal code / Generalized Hadamard matrix / MAI Reduction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 154, OCS2009-20, pp. 7-12, 2009年7月.
資料番号 OCS2009-20 
発行日 2009-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2009-20

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2009-07-29 - 2009-07-29 
開催地(和) ウェルシティ湯河原 
開催地(英) Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調技術,分散補償技術,光品質監視,光信号処理技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2009-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フーリエ行列を基礎とする多相直交符号の光符号分割多重への適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-phase orthogonal code based on Fourier matrix and its application to optical code division multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光符号分割多重 / OCDM  
キーワード(2)(和/英) 光符号分割多元接続 / OCDMA  
キーワード(3)(和/英) 多相直交符号 / Multi-phase orthogonal code  
キーワード(4)(和/英) 一般化アダマール行列 / Generalized Hadamard matrix  
キーワード(5)(和/英) 多重干渉低減 / MAI Reduction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塙 雅典 / Masanori Hanawa / ハナワ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 細谷 健太 / Kenta Hosoya / ホソヤ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-29 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2009-20 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2009-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会