お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-29 14:50
デジタル信号処理による試験光を用いた多重散乱光干渉量測定法
相田一夫静岡大OCS2009-23
抄録 (和) ファイバ自体を増幅媒体とする分布増幅伝送路では、二重レーリ散乱などに起因する多重散乱光干渉量(MPI)が雑音源として浮上し、その測定法が求められている。本稿は、周波数変調光を試験光として用い、直接光と散乱光のビート電流を電気のスペクトラムアナライザで検出するMPI測定法について述べている。始に、デジタル信号処理をベースとする周波数変調試験光の発生法について議論し、次にデジタル合成された試験光を用いる本測定法がファイバ伝送路単体だけでなく、離散反射を含む伝送路の評価にも有効であることを離散反射点があるファイバ伝送路のMPI測定実験により検証している。 
(英) A method of testing fiber lines and distributed amplifiers is presented; multipath interference (MPI) is detected as a beat spectrum between a multipath signal and a direct signal using a frequency modulated test signal. Test signals with an approximately 300MHz frequency deviation and 1μs transition time at a 40~100kHz modulated frequency are synthesized from a DFB-LD modulated by pulse streams generated by DSP technique with a frequency chirp model. The detailed design and performance of the proposed method are discussed, including the calibration procedure and experiments on single-mode fibers with discrete reflections.
キーワード (和) 多重散乱光干渉量 / MPI / 二重レーリ散乱 / 分布増幅伝送路 / デジタル信号処理 / / /  
(英) multipath interference / MPI / double Rayleigh scattering / distributed amplifiers / DSP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 154, OCS2009-23, pp. 23-28, 2009年7月.
資料番号 OCS2009-23 
発行日 2009-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2009-23

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2009-07-29 - 2009-07-29 
開催地(和) ウェルシティ湯河原 
開催地(英) Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調技術,分散補償技術,光品質監視,光信号処理技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2009-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタル信号処理による試験光を用いた多重散乱光干渉量測定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multipath Interference Test Method using Synthesized Frequency Modulated Signal from Directly Modulated DFB-LD with Digital-Signal-Processing Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多重散乱光干渉量 / multipath interference  
キーワード(2)(和/英) MPI / MPI  
キーワード(3)(和/英) 二重レーリ散乱 / double Rayleigh scattering  
キーワード(4)(和/英) 分布増幅伝送路 / distributed amplifiers  
キーワード(5)(和/英) デジタル信号処理 / DSP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相田 一夫 / Kazuo Aida / アイダ カズオ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-29 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2009-23 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2009-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会