電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-29 17:05
[招待講演]多段SPMデジタル補償・2次分布ラマン増幅による100-Gb/s x 10-ch PDM-OFDM-QPSK信号の12,015 km伝送
山崎悦史増田浩次佐野明秀吉松俊英小林孝行吉田英二宮本 裕石原浩一工藤理一松井宗大鷹取泰司NTTOCS2009-28
抄録 (和) 二次分布ラマン増幅による着信OSNR改善、及び多段SPM補償によるQ値改善技術について述べる.伝送路としてスパン長80.1-kmのpure silica core fiber (PSCF)を、信号光として100 Gb/s no-guard-interval 偏波多重-コヒーレント-直交周波数分割多重信号を用い、周波数利用効率2 b/s/Hzでの10波長WDM伝送を評価条件とした.一次分布ラマン増幅に加えて二次分布ラマン増幅を適用することで、拡張L帯において分布ラマン増幅によるOSNR改善の高効率化が得られ、OSNR改善量が5.5dBから6.6 dBまで増大する.その結果、1-Tb/s (10 x 111-Gb/s)において伝送距離9,612 kmが達成された.さらに、XPM抑圧のためスパン毎のインライン分散補償を除去し、受信端のデジタル信号処理において電界振幅強度に比例した逆位相回転演算を波長分散補償と交互に繰り返す多段CD/SPM補償によって、平均1.0 dBのQ値改善効果が得られた.SPM補償演算の分割サイズを増幅スパン程度に設定することで、OFDMサブキャリア間非線形干渉、及びPDM偏波間非線形干渉を含むSPMペナルティを低減でき、1 Tb/s (10 channels x 111 Gb/s)WDM伝送の最大伝送距離を1.25倍に拡大し12,015 kmまで長延化できることを実験実証する. 
(英) We describe about Q-factor improvement using multi-staged SPM compensation and received-OSNR improvement using second-order distributed Raman amplification. We choose following evaluation condition: a span length of 80.1 km, fiber type of pure silica core fiber (PSCF), signal format of 100 Gb/s no-guard-interval polarization division multiplexed coherent orthogonal frequency division multiplex, frequency efficiency of 2 b/s/Hz, and WDM wavelength number of 10 channel. By employing second-order distribution Raman amplification in addition to first-order DRA, OSNR improvement is enhanced from 5.5dB to 6.6dB in extended L-band. As a result, transmission distance of 9.612 km is achieved at 1 Tb/s (10 channels x 111 Gb/s). Furthermore, we exclude inline dispersion compensators for XPM suppression, and experimentally show that a multi-staged reverse phase shift inserted between split CD equalizers, each dealing with an optical amplifier section, successfully suppresses SPM penalty due to the inter-sub-carrier nonlinearity of OFDM signal as well as inter-polarization nonlinearity. As a result, transmission distance is enlarged 1.25-fold to achieve greater than 12,015 km in 1 Tb/s (10 channels x 111 Gb/s) at spectrum efficiency of 2.0 b/s/Hz.
キーワード (和) 分布ラマン増幅 / 自己位相変調補償 / 直交周波数分割多重 / コヒーレント / デジタル信号処理 / / /  
(英) Distributed Raman amplification / Self-phase modulation / OFDM / Coherent / Digital / compensation / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 154, OCS2009-28, pp. 49-54, 2009年7月.
資料番号 OCS2009-28 
発行日 2009-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2009-28

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2009-07-29 - 2009-07-29 
開催地(和) ウェルシティ湯河原 
開催地(英) Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調技術,分散補償技術,光品質監視,光信号処理技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2009-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多段SPMデジタル補償・2次分布ラマン増幅による100-Gb/s x 10-ch PDM-OFDM-QPSK信号の12,015 km伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-staged SPM Compensation in Coherent Receiver and Second-Order Distributed Raman Amplification for 12,015 km WDM Transmission of 10-ch x 111-Gb/s No-Guard-Interval Co-OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分布ラマン増幅 / Distributed Raman amplification  
キーワード(2)(和/英) 自己位相変調補償 / Self-phase modulation  
キーワード(3)(和/英) 直交周波数分割多重 / OFDM  
キーワード(4)(和/英) コヒーレント / Coherent  
キーワード(5)(和/英) デジタル信号処理 / Digital  
キーワード(6)(和/英) / compensation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 悦史 / Etsushi Yamazaki / ヤマザキ エツシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 浩次 / Hiroji Masuda / マスダ ヒロジ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 明秀 / Akihide Sano / サノ アキヒデ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉松 俊英 / Toshihide Yoshimatsu / ヨシマツ トシヒデ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 孝行 / Takayuki Kobayashi / コバヤシ タカユキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 英二 / Eiji Yoshida / ヨシダ エイジ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 裕 / Yutaka Miyamoto / ミヤモト ユタカ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 浩一 / Koichi Ishihara / イシハラ コウイチ
第8著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 理一 / Riichi Kudo / クドウ リイチ
第9著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 宗大 / Munehiro Matsui / マツイ ムネヒロ
第10著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第11著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-29 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2009-28 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2009-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会