お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-29 16:15
自己ホモダインによる位相雑音除去とディジタル信号処理によるISI補償を用いた30Gbit/s 64-QAM実時間伝送実験
中村守里也神尾享秀宮崎哲弥NICTOCS2009-26
抄録 (和) 30 Gbit/s (5 Gsymbol/s)の64-QAM実時間光ファイバ伝送の実験結果を報告する。ディジタル信号処理による予等化を用いたISI補償技術を適用することにより、通常のベクトル型変調器を用いて30 Gbit/s (5 Gsymbol/s)の64-QAM変復調を可能にした。また、偏波多重パイロットキャリアを用いた自己ホモダイン技術により、位相雑音除去を行った。光段及びディジタル信号処理による分散補償は行わず、60 kmのシングルモードファイバ(SSMF)伝送実験を行い、コンスタレーション、アイパタン、BERの特性評価を行った。バックトゥーバック(BtB)では10-6以下、SSMF伝送後においても10-4以下のBER特性が得られた。用いた光源のスペクトル線幅は、200 kHzである。 
(英) Linewidth-tolerant 30-Gbit/s (5-Gsymbol/s) 64-QAM real-time transmission over 60-km standard single-mode fiber (SSMF) without any dispersion compensation was experimentally demonstrated by inter-symbol interference (ISI)-suppression based on electronic digital processing and pilot-carrier aided optical phase-noise cancelling for the first time. BER performances of <10-6 in back-to-back (BtB) condition and < 10-4 after the SSMF transmission were obtained without using error correction. The light source used in the experiment has a linewidth of 200 kHz.
キーワード (和) 光通信 / パイロットキャリア / ホモダイン検波 / QAM / 位相雑音 / / /  
(英) Optical communications / Pilot-carrier / Homodyne detection / QAM / Phase noise / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 154, OCS2009-26, pp. 39-42, 2009年7月.
資料番号 OCS2009-26 
発行日 2009-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2009-26

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2009-07-29 - 2009-07-29 
開催地(和) ウェルシティ湯河原 
開催地(英) Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調技術,分散補償技術,光品質監視,光信号処理技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2009-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己ホモダインによる位相雑音除去とディジタル信号処理によるISI補償を用いた30Gbit/s 64-QAM実時間伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 30-Gbps 64-QAM self-homodyne transmission using phase-noise cancelling technique and ISI-suppression based on electronic digital processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光通信 / Optical communications  
キーワード(2)(和/英) パイロットキャリア / Pilot-carrier  
キーワード(3)(和/英) ホモダイン検波 / Homodyne detection  
キーワード(4)(和/英) QAM / QAM  
キーワード(5)(和/英) 位相雑音 / Phase noise  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 守里也 / Moriya Nakamura / ナカムラ モリヤ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 享秀 / Yukiyoshi Kamio / カミオ ユキヨシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 哲弥 / Tetsuya Miyazaki / ミヤザキ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-29 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2009-26 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2009-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会