電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-24 17:05
連接符号の信頼度関数・漸近的距離比・見逃し誤り確率について
西島利尚法政大)・常盤欣一朗阪産大
抄録 (和) 本報告では,Shannonの通信路符号化定理周辺に存在する未解決問題に関連して,
漸近的に能率の良い代数的符号やShannonの通信路符号化定理を具体的に満足する代数的符号などを含む2元連接符号の集合族に着目する.
外部符号に一般化リードソロモン符号を有する連接符号の集合族に対して,信頼度関数・漸近的距離比の限界式をそれぞれ整理する.
そして,組織的2元線形ブロック符号の集合族上に与えられる見逃し誤り確率の限界式を導出する方法と同様にして,組織的な2元連接符号の集合族上に与えられる見逃し誤り確率の限界式を導く.
さらに,連接符号の特徴的な構造に着目することによって,2元重み分布を実際に求めることなく見逃し誤り確率の近似値を簡単に計算できる方法を提案する. 
(英) It is well known that each bound of reliability function, asymptotic distance ratio, and the probability of undetected error for the ensemble of all binary linear block codes is given as a criterion to evaluate capabilities of these codes from view point of information theory or the theory of error correcting codes.
Therefore we think that it is an important research to get each bound of those functions for an ensemble of some important subclasses of binary linear block codes in order to find a clue to a solution for some open problems in information theory or the theory of error correcting codes.
Then, we pay attention to a class of binary concatenated codes which includes the constructive algebraic codes satisfying Shannon's channel coding theorem in this report.
We give each bound of those functions for an ensemble for binary concatenated codes.
Furthermore, by utilizing individual structure of concatenated codes, we propose a method to compute approximate values of the probability of undetected error for binary concatenated codes without getting their binary weight distributions.
キーワード (和) 信頼度関数 / 漸近的距離比 / 見逃し誤り確率 / 連接符号 / / / /  
(英) Reliability Function / Aymptotic Distance Ratio / Probability of Undetected Error / Concatenated Codes / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 143, IT2009-31, pp. 147-152, 2009年7月.
資料番号 IT2009-31 
発行日 2009-07-16 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2009-07-23 - 2009-07-24 
開催地(和) 関西学院大学(梅田キャンパス) 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ. (Umeda campus) 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) Freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2009-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連接符号の信頼度関数・漸近的距離比・見逃し誤り確率について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliability Fanction, Asymptotic Distance Ratio, and Probability of Undetected Error for Concatenated Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信頼度関数 / Reliability Function  
キーワード(2)(和/英) 漸近的距離比 / Aymptotic Distance Ratio  
キーワード(3)(和/英) 見逃し誤り確率 / Probability of Undetected Error  
キーワード(4)(和/英) 連接符号 / Concatenated Codes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西島 利尚 / Toshihisa Nishijima / ニシジマ トシヒサ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 常盤 欣一朗 / Kin-ichiroh Tokiwa / トキワ キンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 大阪産業大学 (略称: 阪産大)
Osaka Sangyo University (略称: Osaka Sangyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-24 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2009-31 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.143 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2009-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会