お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-23 15:30
2放電路型セルを用いた超高精細PDPの放電特性
平野芳邦石井啓二薄井武順村上由紀夫NHKEID2009-16 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-16
抄録 (和) 超高精細PDP の放電発光特性改善を目的とした2 つの放電路を有する新構造セル(2 放電路型セル) について、その放電現象を3 次元放電シミュレーションによって調べた。2 放電路型セルでは、1 つの走査電極をセル中央に配置し、これを挟むように2 つの共通電極を配置するため、走査電極のクリアランスを大きくとることが可能であり、従来の面放電構造と同様の駆動特性が得られる。新構造を対象とした放電シミュレーションを行い、その結果により開口率の向上による輝度の改善効果を確認した。新構造セルには極性が異なる2 つの放電モードが存在し、共通電極が陰極動作するモードに改善の余地があることを示した。 
(英) We have analyzed a new coplanar electrode structure, involving the use of twin-path discharges by a 3-D discharge simulation, in order to improve the luminescence characteristics of ultra-high-resolution plasma-display
panels (PDPs). The scanning electrode is arranged between two common electrodes in the new structure cell; the wide clearance of the scanning electrodes ensures stable panel-driving. The 3D discharge simulation with a twin–path discharge cell revealed improved luminescence and reduced dark space. It also revealed two different modes for a discharge cell, and that the mode with double cathodes needs considerable improvement.
キーワード (和) 超高精細PDP / 放電シミュレーション / / / / / /  
(英) ultra-high-resulution PDP / discharge simulation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 146, EID2009-16, pp. 17-20, 2009年7月.
資料番号  
発行日 2009-07-16 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2009-16 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-16

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY  
開催期間 2009-07-23 - 2009-07-23 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ディスプレイ一般 
テーマ(英) Information Display 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-IDY 
会議コード 2009-07-EID-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2放電路型セルを用いた超高精細PDPの放電特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discharge Characteristics of Ultra-High-Resolution PDPs with Twin-Path Coplanar Discharge Cells 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超高精細PDP / ultra-high-resulution PDP  
キーワード(2)(和/英) 放電シミュレーション / discharge simulation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 芳邦 / Yoshikuni Hirano / ヒラノ ヨシクニ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 啓二 / Keiji Ishii / イシイ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 薄井 武順 / Takenobu Usui / ウスイ タケノブ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 由紀夫 / Yukio Murakami / ムラカミ ユキオ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-23 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ITE-IDY 
資料番号 IEICE-EID2009-16 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.146 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2009-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会