お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-22 14:15
複数文書から抽出した言明間の意味的関係の整理と関係付与
村上浩司奈良先端大)・増田祥子奈良先端大/阪府大)・松吉 俊Eric Nichols乾 健太郎松本裕治奈良先端大NLC2009-4
抄録 (和) 我々は現在,Web 情報の信憑性評価を行うために,あるトピックに関するWeb 文書集合において,さまざまな視点や角度から述べられる言明を抽出し,それらの間の類似・対立・根拠等の関係を認識して,ユーザに言明と関係の情報を提示する言論マップ生成課題に取り組んでいる.
本論文では言論マップ生成のために,Web 上に存在する客観的表現や,意見などの主観的表現を扱うためには,どのような種類の意味的関係が必要であるかについて議論する.
また,言明間意味的関係コーパスを構築するために我々が必要とする意味的関係を持つような用例対をWeb文書から効率よく収集する方法についても議論する.
そして,言明間意味的関係コーパスを構築するためのアノテーション結果について報告し,これまでにアノテーションが終了している約1,500 言明ペアについての評価に対する考察を行う.
この言明間意味的関係コーパスは,今夏に試用版を公開する予定である. 
(英) Recognizing semantic relation is indispensable for summarizing multi-documents.
In this paper, we discuss what types of semantic relations are needed to identify a variety of viewpoints on a given topic on the Web and to present these relations to users together with supporting evidence in a way that makes it clear how they are related.
In order to construct a Japanese corpus, containing this information, we define semantic relations dealing with facts and opinions, and discuss how to efficiently collect valid examples and their associated semantic relations from Web documents by splitting complex sentences into fundamental units of meaning called “statements”and annotating relations at the statement level.
We present an annotation scheme and examine its reliability by
annotating around 1,500 pairs of statements.
We are preparing the corpus for public release this summer.
キーワード (和) 言論マップ生成 / 意味的関係 / 言明 / 意味的関係コーパス / / / /  
(英) Statement Map / Semantic Relations / statement / Semantic Relation Corpus / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 142, NLC2009-4, pp. 31-36, 2009年7月.
資料番号 NLC2009-4 
発行日 2009-07-15 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2009-4

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL JSAI-SLUD  
開催期間 2009-07-22 - 2009-07-24 
開催地(和) 北見工業大学 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2009-07-NLC-NL-SLUD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 複数文書から抽出した言明間の意味的関係の整理と関係付与 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Annotating Statement Pairs Extracted from Web Documents with Semantic Relations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言論マップ生成 / Statement Map  
キーワード(2)(和/英) 意味的関係 / Semantic Relations  
キーワード(3)(和/英) 言明 / statement  
キーワード(4)(和/英) 意味的関係コーパス / Semantic Relation Corpus  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 浩司 / Koji Murakami / ムラカミ コウジ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute Schience and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 祥子 / Shouko Masuda / マスダ ショウコ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大 (略称: 奈良先端大/阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: OPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松吉 俊 / Suguru Matsuyoshi / マツヨシ スグル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute Schience and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Eric Nichols / Eric Nichols / エリック ニコルズ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute Schience and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 健太郎 / Kentaro Inui / イヌイ ケンタロウ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute Schience and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 裕治 / Yuji Matsumoto / マツモト ユウジ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute Schience and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-22 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2009-4 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2009-07-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会