電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-19 13:25
[招待講演]Discourse and relative clauses: Building a more complete model of expectations in language processing
Douglas RolandUniv. at Buffalo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) Over the last decade or so, memory-based models such as Gibson’s Dependency Locality Theory (Gibson, 1998, 2000) have played a dominant role in explaining asymmetries in the processing of subject and object relative clauses. However, an increasing body of evidence points to a role for probabilistic expectations in accounting for the data. Factors such as the animacy of the modified noun phrase (e.g., Gennari & MacDonald, 2008; Mak, Vonk, & Schriefers, 2002; Traxler, Williams, Blozis, & Morris, 2005), whether the embedded noun phrase is pronominal (Reali & Christiansen, 2007), and the discourse context in which the relative clause appears (Mak, Vonk, & Schriefers, 2008; Roland, O’Meara, Yun, & Mauner, 2008; Sato, Kahraman, & Sakai, 2008) have been shown to affect processing difficulty. While probabilistic accounts which rely purely on structural biases are clearly inadequate, we argue that the observed difficulties in processing can be accounted for by a sufficiently complete model of expectations. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 140, TL2009-23, pp. 85-90, 2009年7月.
資料番号 TL2009-23 
発行日 2009-07-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2009-07-18 - 2009-07-19 
開催地(和) 九大箱崎21世紀プラザII 
開催地(英) New Century Plaza II, Hakozaki Campus of Kyushu Univ. 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Processing and Learning of Human Language 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2009-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discourse and relative clauses: Building a more complete model of expectations in language processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ダグ ロランド / Douglas Roland /
第1著者 所属(和/英) ニューヨーク州立大学バッファロー校 (略称: SUNY Buffalo)
University at Buffalo, The State University of New York (略称: Univ. at Buffalo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-19 13:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2009-23 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2009-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会