電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-19 10:00
文処理における修飾句の予測
新井 学理研)・フランク ケラーヴェラ デンバーグエディンバラ大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) Many studies have recently shown that comprehenders can anticipate upcoming information on the basis of only part of a sentence. However, all experimental evidence to date has only dealt with the prediction of grammatical heads and their complements (Altmann & Kamide, 1999; Arai et al., 2007; Staub & Clifton, 2006; Van Berkum et al., 2005). Here, we address the question of whether people also predict modifiers, syntactically non-obligatory elements. Previous work investigated discourse-based effects on the processing of modifiers (e.g., Altmann et al., 1998; Spivey-Knowlton & Sedivy, 1995), but in these studies, context effects were only observed after content words in a modifier were encountered. It is therefore impossible to determine whether the modifier was made easier to integrate by the supportive context or whether it was predicted and thus processed faster.
We conducted two eye-tracking reading experiments to examine whether the processing of a post-nominal relative clause is facilitated when it can be predicted. We contrasted two preceding contexts such as (1); one introduces two referents of the same type (two eggs in (1a)) and the other one introduces only one referent of that type (one egg and one sausage in (1b)). These two contexts were crossed with two target conditions: In the first one (see (2a)), there was a relative clause that modified the target noun, while in the second condition (see (2b)), there was a while-clause instead.

1a. Mary boiled an egg and Peter fried an egg.
1b. Mary boiled an egg and Peter fried a sausage.
2a. Max ate the egg which Mary boiled.
2b. Max ate the egg while Mary slept.

The results showed some evidence for prediction of the modifiers, which is consistent with a surprisal-based view of processing complexity (Hale, 2001), but not with Gibson's (Cognition, 1998) notion of prediction memory cost, which only applies to heads. 
(英) Many studies have recently shown that comprehenders can anticipate upcoming information on the basis of only part of a sentence. However, all experimental evidence to date has only dealt with the prediction of grammatical heads and their complements. Here, we address the question of whether people also predict modifiers, syntactically non-obligatory elements. Two experiments were conducted to examine whether the processing of a post-nominal relative clause is facilitated when it can be predicted. The results showed some evidence for prediction of the modifiers, which is consistent with a surprisal-based view of processing complexity (Hale, 2001), but not with Gibson's (1998) notion of prediction memory cost, which only applies to heads.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) prediction / eye-movements / sentence comprehension / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 140, TL2009-20, pp. 67-72, 2009年7月.
資料番号 TL2009-20 
発行日 2009-07-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2009-07-18 - 2009-07-19 
開催地(和) 九大箱崎21世紀プラザII 
開催地(英) New Century Plaza II, Hakozaki Campus of Kyushu Univ. 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Processing and Learning of Human Language 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2009-07-TL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 文処理における修飾句の予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of modifiers during sentence processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / prediction  
キーワード(2)(和/英) / eye-movements  
キーワード(3)(和/英) / sentence comprehension  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 学 / Manabu Arai / アライ マナブ
第1著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN Brain Science Institute (略称: Riken BSI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) フランク ケラー / Frank Keller / フランク ケラー
第2著者 所属(和/英) エディンバラ大学 (略称: エディンバラ大)
University of Edinburgh (略称: Univ. of Edinburgh)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ヴェラ デンバーグ / Vera Demberg / ヴェラ デンバーグ
第3著者 所属(和/英) エディンバラ大学 (略称: エディンバラ大)
University of Edinburgh (略称: Univ. of Edinburgh)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-19 10:00:00 
発表時間 35 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2009-20 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2009-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会