電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-18 15:45
英語リスニングにおけるプロソディ情報依存度の分布傾向
中村智栄慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音声言語におけるプロソディ特性は、話者の感情や意図に関する情報を伝え、言語の音声構造に特有のリズムを構成し、更に発話の意味的、統語的な文節位置を示す手がかりとなることが知られている。外国語習得においても、限られた語彙数の中での意図伝達を強いられる外国語でのコミュニケーションにおいては、プロソディ情報により表現される会話内容の重要箇所、話し手の情動状態を推測する能力が非常に重要であると考えられる。本研究においては、英語力の指標としてTOEFLスコアを用い、2つの実験を通して日本人英語学習者の英語力と英語音声理解における英語文処理の選好的処理の関係性を検証する。 
(英) Prosodic cues in speech language convey information of speaker’s emotions and intentions. It is also known that prosodic cues produce rhythms characteristic of each language, and reveal an important clue to identify the segment positions both semantically and syntactically in speech. It is considered that in second language acquisition, ability to speculate key parts of conversations and emotional state of speaker, which are expressed by prosodic cues, is very important especially under conditions of limited vocabulary. In this paper, we examine how Japanese-English learners pay attention to prosodic cues in spoken English sentences through two experiments and validate relativity between the results of the experiments and TOEFL score.
キーワード (和) プロソディ / 文理解プロセス / 第二言語習得 / / / / /  
(英) Prosody / Sentence comprehension process / Second language acquisition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 140, TL2009-16, pp. 45-49, 2009年7月.
資料番号 TL2009-16 
発行日 2009-07-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2009-07-18 - 2009-07-19 
開催地(和) 九大箱崎21世紀プラザII 
開催地(英) New Century Plaza II, Hakozaki Campus of Kyushu Univ. 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Processing and Learning of Human Language 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2009-07-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 英語リスニングにおけるプロソディ情報依存度の分布傾向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How Japanese English-learners pay attention to prosodic cues in English sentences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロソディ / Prosody  
キーワード(2)(和/英) 文理解プロセス / Sentence comprehension process  
キーワード(3)(和/英) 第二言語習得 / Second language acquisition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 智栄 / Chie Nakamura / ナカムラ チエ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-18 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2009-16 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2009-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会