電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-18 16:30
[ポスター講演]名詞複合語の獲得と構造
江村健介木村直樹東北大/JST)・コルネリア ダニエラ ルプシャ岩手県立大/JST)・金 情浩東北大/JST)・山口早苗宮城学院女子大/JST)・萩原裕子首都大東京/JST)・遊佐典昭宮城学院女子大/JST
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では日本語の名詞複合語の知識の獲得を調査するために行った行動実験の調査報告をする。日本語を母語とする幼児24名 (平均 5歳8ヶ月) を対象に, 意味判断課題を用いて3度に渡って実験を行った。結果, 幼児の主要部理解はコントロールの大人の正答率よりも有意に低いものであることが明らかになった。これは, 言語獲得の初期段階において幼児は非再帰的併合のみが利用可能であり, 構造の内心性 (あるいは投射と呼ばれる操作) はより後の段階において獲得されるという仮説と一致する。一方, 幼児だけでなく大人も主要部理解の方が姉妹要素-主要部の意味関係理解の正答率よりも有意に高いものであったことから, 幼児の意味関係に関する知識の獲得の遅れは, 成熟ではなく狭義の統語論と談話のインターフェイスの複雑性に還元される可能性を論じる。 
(英) The present study reports on our longitudinal psycholinguistic experiment on the acquisition of noun compounds in Japanese. Twenty-four Japanese-speaking children (mean: 5 years and 8 months) were tested three times for comprehension of the Right-hand Head Rule and the Semantic Relation between the head and its sister element in noun compounds. The results show that children at this stage cannot fully project the head and that both adults and children perform significantly worse on the Semantic Relation task than the Right-hand Head Rule task (in the first experiment). Based on the results, this study examines what makes it more difficult for the chldren (and the adults) to interpret the Semantic Relation than the Right-hand Head Rule. We claim that lateness in the children’s acquisition of knowledge of the Semantic Relation cannot be reduced to maturation, and that the complexities of narrow syntax-discourse interface also come into play.
キーワード (和) 名詞複合語 / 内心性 / 主要部右側の規則 / 意味関係 / 意味判断課題 / / /  
(英) Noun Compounds / Endocentricity / Right-hand Head Rule / Semantic Relation / Comprehension Task / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 140, TL2009-17, pp. 51-56, 2009年7月.
資料番号 TL2009-17 
発行日 2009-07-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2009-07-18 - 2009-07-19 
開催地(和) 九大箱崎21世紀プラザII 
開催地(英) New Century Plaza II, Hakozaki Campus of Kyushu Univ. 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Processing and Learning of Human Language 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2009-07-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 名詞複合語の獲得と構造 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acquisition of Noun Compounds and Their Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 名詞複合語 / Noun Compounds  
キーワード(2)(和/英) 内心性 / Endocentricity  
キーワード(3)(和/英) 主要部右側の規則 / Right-hand Head Rule  
キーワード(4)(和/英) 意味関係 / Semantic Relation  
キーワード(5)(和/英) 意味判断課題 / Comprehension Task  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江村 健介 / Kensuke Emura / エムラ ケンスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学/科学技術振興機構 (略称: 東北大/JST)
Tohoku University/Japan Science and Technology Agency (略称: Tohoku Univ./JST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 直樹 / Naoki Kimura / キムラ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学/科学技術振興機構 (略称: 東北大/JST)
Tohoku University/Japan Science and Technology Agency (略称: Tohoku Univ./JST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) コルネリア ダニエラ ルプシャ / Cornelia Daniela Lupsa / コルネリア ダニエラ ルプシャ
第3著者 所属(和/英) 岩手県立大学/科学技術振興機構 (略称: 岩手県立大/JST)
Iwate Prefectural University/Japan Science and Technology Agency (略称: Iwate Prefectural Univ./JST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 情浩 / Jungho Kim / キム ジョンホ
第4著者 所属(和/英) 東北大学/科学技術振興機構 (略称: 東北大/JST)
Tohoku University/Japan Science and Technology Agency (略称: Tohoku Univ./JST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 早苗 / Sanae Yamaguchi / ヤマグチ サナエ
第5著者 所属(和/英) 宮城学院女子大学/科学技術振興機構 (略称: 宮城学院女子大/JST)
Miyagi Gakuin Women's University/Japan Science and Technology Agency (略称: Miyagi Gakuin Women's Univ./JST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 裕子 / Hiroko Hagiwara / ハギワラ ヒロコ
第6著者 所属(和/英) 首都大学東京/科学技術振興機構 (略称: 首都大東京/JST)
Tokyo Metropolitan University/Japan Science and Technology Agency (略称: Tokyo Metropolitan Univ./JST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 遊佐 典昭 / Noriaki Yusa / ユサ ノリアキ
第7著者 所属(和/英) 宮城学院女子大学/科学技術振興機構 (略称: 宮城学院女子大/JST)
Miyagi Gakuin Women's University/Japan Science and Technology Agency (略称: Miyagi Gakuin Women's Univ./JST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-18 16:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2009-17 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2009-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会