お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-17 14:20
Ag電気接点に埋め込まれた永久磁石によって磁気駆動される開離時アークの回転速度
関川純哉静岡大)・杉本和是アンデン)・窪野隆能静岡大EMD2009-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-23
抄録 (和) 陰極側の電気接点に永久磁石が埋め込まれたAg電気接点対を用いて,電源電圧42Vの抵抗性負荷回路内で,開離時アークを発生させた.開離時アークが回転駆動される様子を高速度カメラで撮影した.接点接触時の回路電流を5A~21Aの範囲で変化させ,接点表面と永久磁石との間の距離を1mm~5mmの範囲で変えて接点間隙での磁界の強さを変化させた.接点接触時の回路電流と,接点表面と永久磁石との間の距離をパラメータとして,アーク電流と永久磁石による磁界の強さとが回転駆動に与える影響について,主に回転速度に注目して解析し以下に述べる結果が得られた.開離時アークの回転駆動によるアーク継続時間の短縮効果が確認された.アーク長さを一定とした場合,開離時アークが存在する場所の磁界が強く,アーク電流が大きいほど,開離時アークの回転速度は速くなった.接点開離後25msから30msの範囲(アーク長さが0.25mm~0.30mmの範囲)での,開離時アークの回転速度は,本報告の実験条件の範囲内では最大で69m/sであった. 
(英) Break arcs are generated in a DC42V resistive circuit. A permanent magnet is embedded in a pipe-shaped cathode. Rotational motion of the break arc driven by the permanent magnet is observed with a high-speed camera. The circuit current when the electrical contacts I are closed is changed from 5A to 21A. Rotational speed of the break arc is analyzed when the gap between the cathode surface and the magnet surface x is set to 1-5mm. The circuit current I and the gap x are changed. It is shown that the rotational speed of the break arc becomes fast for a certain arc length when the arc current and the radial magnetic field are increased. Shortening effect of the arc duration is confirmed by the rotational drive of the break arc with the permanent magnet. The maximum rotational speed is 69m/s within experimental conditions in this report when the arc length is 0.25 - 0.30mm.
キーワード (和) アーク放電 / 接点消耗 / 高速度カメラ / リレー / / / /  
(英) Arc discharge / Contact erosion / High-speed camera / Electromagnetic relay / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 138, EMD2009-23, pp. 13-18, 2009年7月.
資料番号 EMD2009-23 
発行日 2009-07-10 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2009-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-23

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-07-17 - 2009-07-17 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英) Chitose Arcadia Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-07-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ag電気接点に埋め込まれた永久磁石によって磁気駆動される開離時アークの回転速度 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rotational Speed of Break Arcs Driven by a Permanent Magnet Embedded in a Ag Electrical Contact 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アーク放電 / Arc discharge  
キーワード(2)(和/英) 接点消耗 / Contact erosion  
キーワード(3)(和/英) 高速度カメラ / High-speed camera  
キーワード(4)(和/英) リレー / Electromagnetic relay  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関川 純哉 / Junya Sekikawa / セキカワ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 和是 / Kazuyoshi Sugimoto / スギモト カズヨシ
第2著者 所属(和/英) アンデン株式会社 (略称: アンデン)
ANDEN Co.,Ltd (略称: ANDEN Co.,Ltd)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪野 隆能 / Takayoshi Kubono / クボノ タカヨシ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-17 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-23 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2009-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会