お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-16 13:40
エスパアンテナを用いた時空間MACプロトコルのスループット特性評価
大野雅幸宮路祐一上原秀幸大平 孝豊橋技科大RCS2009-59
抄録 (和) 近年,指向性アンテナを利用したMACプロトコルが提案されている.従来の指向性MACプロトコルでは位置情報を用い,理想的なビームパターンを通信相手方向に向ける手法で考えられていた.しかし,位置情報が取得できない場合にはどの方向に対して電波を出すべきか判断できない.また実際のアンテナのビームにはサイドローブやバックローブなどが存在するため,理想的ビームでは存在しない干渉波が発生する.これまでに本研究室では,エスパアンテナを用い,位置情報なしで通信可能な時空間MACプロトコルを提案し,高い空間利用効率があることを示してきた.本稿では,時空間MACプロトコルのスループット特性を評価する.計算機シミュレーションによって,提案方式である時空間MACプロトコル,従来手法の指向性MACプロトコルとIEEE.802.11MACの比較を行なった.その結果,提案方式は従来手法と比べてパラレルトポロジの場合にスループット性能が向上することが分かった. 
(英) Directional medium access control(DMAC) protocols with directional antennas have been recently proposed. These MAC protocols are designed as a technique for controlling the direction of communication by using information on terminals' location and ideal beam patterns. However, when such information cannot be obtained, it is impossible to communicate with its party. And also, beam patterns with real antennas exhibit side lobes and back lobes, by which the terminals suffer from interference waves that would not exist in ideal beam patterns. We have proposed a space-time MAC protocol using ESPAR antenna that works without information on terminal location. In this paper, we evaluate a throughput performance of the space-time MAC protocol. Comparing with a conventional directional MAC protocol and IEEE.802.11 MAC protocol. The proposed MAC protocol exhibits a higher throughout performance in case that the terminals are in a parallel topology.
キーワード (和) メディアアクセス制御 / 時空間分割 / エスパアンテナ / スループット特性 / / / /  
(英) medium access control / space-time division / ESPAR antenna / throughput performance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 130, RCS2009-59, pp. 35-40, 2009年7月.
資料番号 RCS2009-59 
発行日 2009-07-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-59

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2009-07-16 - 2009-07-17 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University (Hokkaido) 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-07-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エスパアンテナを用いた時空間MACプロトコルのスループット特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Performance Evaluation of a Space-Time MAC Protocol Using ESPAR Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メディアアクセス制御 / medium access control  
キーワード(2)(和/英) 時空間分割 / space-time division  
キーワード(3)(和/英) エスパアンテナ / ESPAR antenna  
キーワード(4)(和/英) スループット特性 / throughput performance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 雅幸 / Masayuki Ohno / オオノ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-16 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-59 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.130 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会