お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-14 10:00
優先度付き評価に基づく競合型PSOによる複数解探索手法
田口 祐中野秀洋宮内 新東京都市大NLP2009-29 NC2009-22
抄録 (和) 進化的アルゴリズムの一種であるParticle Swarm Optimization (PSO) は連続空間内の解探索を行う問題において効率的に解を求められることが知られている.しかし通常のPSOは探索を行う粒子がひとつの準最適解に早期に収束するため,複数の解を見つけることが困難である.そこで本稿では探索を行う粒子を複数のグループに分け,そのグループにそれぞれ優先度をつけることで複数解の探索を効率的に行う新しいPSOを提案する.数値実験を行い,提案するPSOの有効性を示すとともに,それぞれの解の解空間上における距離がパラメータによって容易に制御できることを示す. 
(英) It is known that Particle Swarm Optimization (PSO) is a kind of evolutionary algorithm that can efficiently find the solution in continuous space.However, in the common PSO, it is difficult to find multiple solutions because each particle rapidly converges on a single suboptimal solution.This paper proposes new PSO that can efficiently find the multiple solutions by dividing particles into plural groups with priority.Through numerical experiments, the effectivity of the proposed PSO is discussed.Also, we show that the distance of each obtained solution in the solution space can be easily controlled by the parameter.
キーワード (和) 粒子群最適化 / メタヒューリスティクス / 大域的最適化 / 複数解 / / / /  
(英) Particle Swarm Optimization / Metaheuristics / Global Optimization / Plural Solutions / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 125, NC2009-22, pp. 83-86, 2009年7月.
資料番号 NC2009-22 
発行日 2009-07-06 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-29 NC2009-22

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2009-07-13 - 2009-07-14 
開催地(和) 奈良先端大 
開催地(英) NAIST 
テーマ(和) 脳活動の計測と解析,生命現象の非線形性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2009-07-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 優先度付き評価に基づく競合型PSOによる複数解探索手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A competitive PSO based on evaluation with priority for finding plural solutions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 粒子群最適化 / Particle Swarm Optimization  
キーワード(2)(和/英) メタヒューリスティクス / Metaheuristics  
キーワード(3)(和/英) 大域的最適化 / Global Optimization  
キーワード(4)(和/英) 複数解 / Plural Solutions  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 祐 / Yu Taguchi / タグチ ユウ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 秀洋 / Hidehiro Nakano / ナカノ ヒデヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 新 / Arata Miyauchi / ミヤウチ アラタ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-14 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2009-29,IEICE-NC2009-22 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.124(NLP), no.125(NC) 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2009-07-06,IEICE-NC-2009-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会