お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-14 15:45
スパイクニューロンモデルを用いた自己組織化の基本特性
木下 開鳥飼弘幸阪大NLP2009-43 NC2009-36
抄録 (和) 本報告では,共振発火型のスパイクニューロンモデルを提案し,リターンマップを用いて周期入力に対する応答を解析する.
また,共振周波数を学習パラメータとした学習を考える.
複数のスパイクニューロンモデルを用いて自己組織化させ,その結果と自己組織化マップの結果と比較し自己組織化マップの機能があることを確認する. 
(英) In this paper, we introduce a resonate-and-fire type spiking neuron and analyze the responce to the periodic spike inputs using return maps.
Then, we consider the learning method using the resonance frequency.
We make some spiking neurons a self-organizing pulse-coupled network and compare the result with that of one dimensional Kohonen network.
キーワード (和) スパイクニューロン / 自己組織化マップ / / / / / /  
(英) Spiking neuron model / Self organizing maps / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 125, NC2009-36, pp. 157-162, 2009年7月.
資料番号 NC2009-36 
発行日 2009-07-06 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-43 NC2009-36

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2009-07-13 - 2009-07-14 
開催地(和) 奈良先端大 
開催地(英) NAIST 
テーマ(和) 脳活動の計測と解析,生命現象の非線形性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2009-07-NC-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) スパイクニューロンモデルを用いた自己組織化の基本特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic characteristics of SOM of spiking neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スパイクニューロン / Spiking neuron model  
キーワード(2)(和/英) 自己組織化マップ / Self organizing maps  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 開 / Kai Kinoshita / キノシタ カイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥飼 弘幸 / Hiroyuki Torikai / トリカイ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-14 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2009-43,IEICE-NC2009-36 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.124(NLP), no.125(NC) 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2009-07-06,IEICE-NC-2009-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会