お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-11 09:25
3DCT画像からの大動脈の抽出と径の計測
立福祥寛向井信彦小杉 信仁木清美東京都市大)・高梨秀一郎榊原記念病院MBE2009-23
抄録 (和) 術前に撮影された複数枚のCT画像(3DCT画像)から,大動脈の抽出と径の計測を自動的に行う手法を検討したので報告する.大動脈は背骨に沿う形で配置しているため,比較的抽出しやすい背骨を除去した後,大動脈の抽出を行う.但し,大動脈は背骨だけではなく肋骨などとも重なるため,3DCT画像の各スライス画像間における補間と円形度処理を施すことで大動脈の抽出を行った.一方,大動脈径の計測においては,スライス画像上だけでは正確な径を測定できないため,スライス画像間における大動脈の傾きを考慮することで径の計測を行った.計測の結果,ほぼ正確な大動脈が抽出されていることを確認した. 
(英) This paper describes an automatic aorta extraction and radius measurement based on multiple 3D CT images, which are previously taken before the surgery. An aorta is displaced along the spine so that it is easy to extract the aorta after removal of the spine, which can be extracted easier than the aorta. In addition, the aorta overlaps with other parts such as the ribs on the 3D CT images. In this case, the interpolation between the images and circularity method are used for the extraction. On the other hand, it is not enough to use only one CT image for the measurement of the radius. Therefore, the radius of the aorta should be measured by considering the bent of the aorta between 3D CT images. As the result of the measurement, we have confirmed that the measured radius is correct.
キーワード (和) 画像処理 / 医用画像 / 画像診断 / 術前計画 / 手術シミュレータ / / /  
(英) Image Processing / Medical Imaging / Diagnostic Imaging / Preoperative Planning / Surgical Simulators / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 123, MBE2009-23, pp. 21-26, 2009年7月.
資料番号 MBE2009-23 
発行日 2009-07-03 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-23

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2009-07-10 - 2009-07-11 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2009-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3DCT画像からの大動脈の抽出と径の計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Aorta Extraction and Radius Measurement based on 3D CT images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像処理 / Image Processing  
キーワード(2)(和/英) 医用画像 / Medical Imaging  
キーワード(3)(和/英) 画像診断 / Diagnostic Imaging  
キーワード(4)(和/英) 術前計画 / Preoperative Planning  
キーワード(5)(和/英) 手術シミュレータ / Surgical Simulators  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立福 祥寛 / Yoshihiro Tatefuku / タテフク ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 信 / Makoto Kosugi / コスギ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 仁木 清美 / Kiyomi Niki / ニキ キヨミ
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高梨 秀一郎 / Shuichiro Takanashi /
第5著者 所属(和/英) 榊原記念病院 (略称: 榊原記念病院)
Sakakibara Heart Institute (略称: Sakakibara Heart Inst.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-11 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-23 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.123 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2009-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会