電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-10 14:25
インセンティブ報酬付与による情報伝播制御可能性の検証
橋本 遼新熊亮一京大)・小西 琢田仲理恵板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報通信技術の発達により,情報発信のコストは小さくなった一方で,受信者には多くの不要な情報も届くようになり,発信者側が情報をそれを必要とする人に到達させ,かつ,活用されるようにすることは非常に難しくなった.従来,情報受信者側の嗜好情報を取得し,それにあわせて情報を発信する方法が提案されてきたが,この方法は情報フィルタリングのために多大なコストを要する.そこで本稿では,知人や友人をHop-by-Hop に経由する口コミでの情報伝播に着目する.このように伝播された情報の魅力や信憑性は,一方的に届けられた情報と比べ高いと
考えられる.また,情報は伝播させる人の嗜好に基づいてフィルタリングされるため,その情報を必要とする人のみに伝播させられる可能性がある.しかし,Hop-by-Hop の情報伝播には,情報を積極的に伝えない・受け取らない参加者が存在する,ある情報を必要とする参加者が必ずしも単一の(切れ目の無い)ネットワークを構成しているとは限らないといった問題がある.そこで,インセンティブ報酬付与による情報伝播の促進を提案する.モバイル端末を用いたFace-to-Face(F2F)での実証実験を行い,報酬付与による情報伝播制御の可能性を検証する. 
(英) The growths of information communication technologies have drastically reduced the cost required for information senders. However, as a result, information receivers have needed to filter out unnecessary information
and to extract important information from enormous amount of information they receive every day. One solution for this problem is a preference-based information distribution. However, this approach still requires significant cost to obtain and manage preferences of the receivers and to categorize information appropriately. In this paper, we focus on the Word-of-Mouth (WoM) information distribution, in which peoples send and receive information in a hop-by-hop manner along their social relationships. This could allow us to desirably send the information only to people who need because a content is transferred and received by only people who are interested in it. Furthermore, information exchange through social relationship could increase the reliability and the attractiveness of exchanged information. Furthermore, to effectively motivate people to spread the information, we introduce incentive rewarding. An experiment under real-life condition shows the effectiveness of incentive rewarding on the WoM information distribution.
キーワード (和) インセンティブ / 情報伝播 / 口コミ / 実験調査 / / / /  
(英) incentive / information distribution / word-of-mouse / experimental study / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2009年7月.
資料番号  
発行日 2009-07-02 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MoNA IPSJ-AVM  
開催期間 2009-07-09 - 2009-07-10 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru City Hall 
テーマ(和) ワイヤレス環境でのアプリケーション品質,P2P/アドホックネットワーク,画像符号化,ストリーム技術,信頼性,一般 
テーマ(英) Application quality in wireless environments, P2P/Ad-hoc networks, Video CODECs, Streaming technology, Reliability, General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2009-07-CQ-MoMuC-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インセンティブ報酬付与による情報伝播制御可能性の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study on Incentive Rewarding for Word-of-Mouth Information Distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インセンティブ / incentive  
キーワード(2)(和/英) 情報伝播 / information distribution  
キーワード(3)(和/英) 口コミ / word-of-mouse  
キーワード(4)(和/英) 実験調査 / experimental study  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 遼 / Ryo Hashimoto / ハシモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 琢 / Taku Konishi / コニシ タク
第3著者 所属(和/英) NEC C&Cイノベーション研究所 (略称: NEC)
NEC C&C Innovation Research Laboratories (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田仲 理恵 / Rie Tanaka / タナカ リエ
第4著者 所属(和/英) NEC C&Cイノベーション研究所 (略称: NEC)
NEC C&C Innovation Research Laboratories (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 板谷 聡子 / Satoko Itaya / イタヤ サトコ
第5著者 所属(和/英) NEC C&Cイノベーション研究所 (略称: NEC)
NEC C&C Innovation Research Laboratories (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 伸一 / Shinichi Doi / ドイ シンイチ
第6著者 所属(和/英) NEC C&Cイノベーション研究所 (略称: NEC)
NEC C&C Innovation Research Laboratories (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 敬嗣 / Keiji Yamada / ヤマダ ケイジ
第7著者 所属(和/英) NEC C&Cイノベーション研究所 (略称: NEC)
NEC C&C Innovation Research Laboratories (略称: NEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第8著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2009-24 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2009-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会