お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-10 13:30
いびきパターン分類に基づく閉塞性いびきと良性いびきの比較
鈴木優介榎本崇宏芥川正武徳島大)・ウダンタ アビラトナクイーンズランド大)・近藤英司阿南共栄病院)・小中信典木内陽介徳島大MBE2009-18
抄録 (和) 現在、睡眠時無呼吸症候群(OSA)は、睡眠ポリグラフ(PSG)検査によって診断されているが、患者にとって不便である。OSA患者の大きな特徴にいびきがあり、いびき音は容易に得ることができるので、いびきからOSAの診断が期待される。一般にいびきは、閉塞性いびきと良性いびきに分類され、それらのいびきは特徴的ないくつかのパターンによって構成されていると考えられる。そこで本研究では、SOMを用いて、いびきをいくつかのパターンに分類できるかを検討する。 
(英) Obstruct sleep apnea (OSA) is diagnosed by the Polysomnography (PSG). However, PSG is inconvenient, expensive and unsuited for community screening. Snoring is the most common symptom of OSA. Recently, snoring sound is divided into apneic and benign snores. These snores should consist of several characteristic patterns such as a pitch. In this paper, we investigate whether the patterns of snoring sound are classified by using SOM (self organized map).
キーワード (和) OSA / SOM / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 123, MBE2009-18, pp. 1-4, 2009年7月.
資料番号 MBE2009-18 
発行日 2009-07-03 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-18

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2009-07-10 - 2009-07-11 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2009-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) いびきパターン分類に基づく閉塞性いびきと良性いびきの比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparing benign snore with apneic snore based on snoring pattern classification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OSA /  
キーワード(2)(和/英) SOM /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 優介 / Yusuke Suzuki / スズキ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学大学院 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 崇宏 / Takahiro Emoto / エモト タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学大学院 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 芥川 正武 / Masatake Akutagawa / アクタガワ マサタケ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学大学院 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ウダンタ アビラトナ / Udantha R.Abeyratne / ウダンタ アビラトナ
第4著者 所属(和/英) クイーンズランド大学 (略称: クイーンズランド大)
The University of Qeensland (略称: Univ. of Qeensland.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 英司 / Eiji Kondo / コンドウ エイジ
第5著者 所属(和/英) 阿南共栄病院 (略称: 阿南共栄病院)
Anan kyoei hospital (略称: Anan kyoei hospital)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小中 信典 / Shinsuke Konaka / コナカ シンスケ
第6著者 所属(和/英) 徳島大学大学院 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 木内 陽介 / Yohsuke Kinouchi / キノウチ ヨウスケ
第7著者 所属(和/英) 徳島大学大学院 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-10 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-18 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.123 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2009-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会