お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-10 11:10
通信放送連携アクセス制御におけるサーバ同時接続数の収束性に関する一考察
稗圃泰彦上村郷志小頭秀行中村 元KDDI研ICM2009-24
抄録 (和) 近年,テレビ番組や災害等のイベントを契機としたサーバへのアクセス集中が問題となっている.このような短期的なバーストトラヒックに対しては,ユーザがサーバへアクセスするタイミングを,サーバの混雑状況に応じて制御する手法が有効である.筆者らは,放送波等に待機制御情報を重畳しユーザに通知することで,サーバへのリクエストレート及び同時接続数を制御する手法を提案してきた.さらに,サーバにおけるユーザ毎のサービス時間を計測し推定したサービス時間分布に基づいてアクセスタイミングを算出し,ユーザに通知することで,輻輳時における最大同時接続数のゆらぎを軽減できることを示した.本稿では,実際のサービス時間分布において平均値のみを精細に計測し,任意の確率分布に基づきアクセスタイミングを決定することにより,制御結果が所望の最大同時接続数に収束することを代数的解析により示す. 
(英) TV programs and disasters could cause an enormous amount of access requests which can concentrate in a short period of time. In such a case, the server could be overloaded. To solve this problem, we proposed an access control method that temporarily suspends the users' requests. The proposed method utilizes the broadcasting channel to control the vast number of user access, and the simultaneous connections at the server. In our previous study, we showed that by using estimated service-time distribution, the proposed method can stabilize the fluctuation of the number of server's simultaneous connections. In this paper, we demonstrate that the proposed method can converge the fluctuation of simultaneous connections to a desirable value if and only the mean of the service-time is known.
キーワード (和) アクセス制御 / 輻輳制御 / 代数的解析 / 通信放送連携 / / / /  
(英) Access control / Congestion control / Algebraic analysis / Communication-Broadcasting Integrated Services / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 120, ICM2009-24, pp. 61-66, 2009年7月.
資料番号 ICM2009-24 
発行日 2009-07-02 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2009-24

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2009-07-09 - 2009-07-10 
開催地(和) 酒田市 公益研修センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報通信マネジメント、および一般 
テーマ(英) ICT System Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2009-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信放送連携アクセス制御におけるサーバ同時接続数の収束性に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on convergence of simultaneous connections in a server for communication-broadcasting integrated access control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクセス制御 / Access control  
キーワード(2)(和/英) 輻輳制御 / Congestion control  
キーワード(3)(和/英) 代数的解析 / Algebraic analysis  
キーワード(4)(和/英) 通信放送連携 / Communication-Broadcasting Integrated Services  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稗圃 泰彦 / Yasuhiko Hiehata / ヒエハタ ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 郷志 / Satoshi Uemura / ウエムラ サトシ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小頭 秀行 / Hideyuki Koto / コトウ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 元 / Hajime Nakamura / ナカムラ ハジメ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-10 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2009-24 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2009-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会